イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」3歳が楽しめたエリア紹介

子どもとのお出かけスポット巡りが日課の「たまジロー」です。

 

今回は7月7日に引っ越しに伴いリニューアルオープンした「横浜アンパンマンこどもミュージアム」の有料エリアの「ミュージアム」に子どもと遊びに行ってみました。

横浜アンパンマンこどもミュージアム

 

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」は、2019年7月7日の移転に伴いリニューアルオープンしたアンパンマンの世界を再現した子ども連れの家族が楽しめるアンパンマンのテーマパークです。

 

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」では、2階と3階が「ミュージアム」エリアになっており、2階はベビーカー置き場やお土産コーナーがあり、3階にミュージアムの各種展示やイベントが開催されたりしています。

 

全天候型の施設となっており、天候が悪い日も遊べる施設となっています。

 

場所・アクセス

 

移転後の「横浜アンパンマンこどもミュージアム」の場所はこちら。

最寄り駅は移転前と変わらない「新高島駅」から徒歩3分程度の場所にあります。

 

入場料金(1歳から有料)

 

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」は、「ミュージアム」と「ショッピング・レストラン」エリアに分かれており、「ショッピング・レストラン」のエリアは無料で入場できますが、「ミュージアム」は有料となっています。

 

ミュージアムの入場料金はこちら。

こども(1歳以上) 税込2,200円
おとな(中学生以上) 税込2,200円

1歳から有料となっていますので、家族の人数が多いとなかなかのお値段になります。

 

<スポンサーリンク>

 

ミュージアム入口まで(イラストたくさん)

 

「ミュージアム」入口には虹色の階段を登って向かいます。

f:id:tamajirooo:20190713185352j:plain

 

「ミュージアム」までの通路にはアンパンマンのイラストがいろいろ描かれていました。

f:id:tamajirooo:20190713185403j:plain

 

こちらがミュージアム入口。

f:id:tamajirooo:20190713185413j:plain

こちらも写真を撮るための行列ができてました。 

 

ミュージアムの展示・ショーなど

 

ひろば・ジャムおじさんのパン工場

 

3階に上がるとメインステージの「ひろば」と「ジャムおじさんのパン工場」があります。

f:id:tamajirooo:20190713185716j:plain

 

「ジャムおじさんのパン工場」内ではパン作りごっこができます。 

ジャムおじさんのパン工場内の様子

窯の中でも遊べるようになっており、以前よりも凝ってる感じが出てました。 

 

メインステージの「ひろば」では定期的にショーも開催されます。

アンパンマンショーの様子

アンパンマンの顔がクルクル回って飛んでくるシーンなど、なかなか演出のクオリティが上がってました。

 

アンパンマンごう

 

「ミュージアム」定番の「アンパンマンごう」。

アンパンマンごうの運転席

「アンパンマンごう」内には子どもが操作してみたくなるスイッチやレバーなどがたくさんありました。 

 

<スポンサーリンク>

 

 

みんなのまち

 

続いてはリニューアルに伴い新たに設けられた「みんなのまち」。

 

アンパンマンの世界を再現されたコーナーが多数あります。

 

まずは「ばいきんまん」のエリア。

ばいきんまんのアトラクション

少ししか開かない「ばいきんまん」の口部分の扉の奥には「かびるんるん」がいたりしました。
 

「かばおくん」のおうち。

f:id:tamajirooo:20190713185850j:plain

食べ物がたくさん。おままごとをして遊べます。

 

ほかにもアイスクリームがたくさんある家だったり

アンパンマンミュージアムのスイーツやさん

 

「ウサこちゃん」の家などがありました。 

f:id:tamajirooo:20190713185946j:plain

アンパンマンの絵本やアニメに出てくるキャラクター関連の展示が次から次へと出てきて長女も喜んでました。
  

がっこう(アンパンマンのお面づくり)

 

「がっこう」ではアンパンマンのお面を作ることができます。

アンパンマンの学校のお面作り

 

 

少しは絵もうまくなったかも(?)。

f:id:tamajirooo:20190713190029j:plain

とりあえず喜んでました。 

 

わんぱくアイランド

 

つづいては「わんぱくアイランド」。

わんぱくアイランドのアトラクション

各種アトラクションで身体を動かして遊べます。

 

ボールプールもあったり、やわらかいクッションを登ったりして遊んだりできます。 

わんぱくアイランドのアンパンマン

ただ、簡単に曲がったりしますので登ったりする場合には近くで支えておいたほうが良さそうでした。

 

ほかにも大きなクジラ。

f:id:tamajirooo:20190713190137j:plain

 

長女は何をするかと思いきや。。。

f:id:tamajirooo:20190713190147j:plain

なんか挟まってました。

 

小さい子は狭いところが好きですね。。。 

 

ボールパーク・バイキンUFO

 

屋外側には定番のボールパークもあります。

f:id:tamajirooo:20190713185432j:plain

ものすごく混み合ってましたが、ドキンちゃんを抱えて遊んでました。 

 

ほかにも屋外エリアには「バイキンUFO」などの乗り物で遊べるフォトスポットがありました。 

ばいきんまんの乗り物

こちらも写真待ちの行列ができてました。

 

わいわいパーク(歌のステージ)

 

最後は「わいわいパーク」。

 

「わいわいパーク」では、時間毎にワークショップや歌のステージが開催されます。

f:id:tamajirooo:20190713190220j:plain

遊びに行った日にはアンパンマンの歌のステージが開催されていました。

 

みんなでアンパンマンマーチなどを歌い、子どもたちが身体を動かして楽しんでました。

 

<スポンサーリンク>

 

グリーティング

 

「ミュージアム」エリアではたくさんのキャラクターがグリーティングで来てくれました。。

チーズ、みみせんせい

リニューアルオープン初日とあってたくさんのキャラクターが見れました。

 

とことん抱きつく長女。 

メロンパンナちゃん、しょくぱんまん

アンパンマンのグリーティングもありましたが、あまりの人気でモミクシャでしたので握手は諦めました。。。

 

感想(アンパンマンの世界が再現された遊び場)

 

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」の「ミュージアム」エリアは、リニューアルオープンに伴い、「みんなのまち」や「がっこう」などアンパンマンの世界が再現されており、改めて遊びに行っても非常に楽しむことができました。

 

今回はリニューアルオープン初日で非常に込み合っており、なかなかゆっくり遊べませんでしたので今度はもう少し落ち着いた頃に遊びに行きたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」のリニューアルオープン初日の様子はこちら。

www.ikumensurfer-tamajiro.com

 

子どもの誕生日のお祝いに最適な「アンパンマンレストラン」はこちら。

www.ikumensurfer-tamajiro.com

 

イクメンサーファーたまジロー   

 
<スポンサーリンク>