イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

「プチュウ」5月オープン予定の横浜アソビルの子ども向け室内遊び場

子どもとのお出かけスポット巡りが日課の「たまジロー」です。

 

今回は2019年3月に横浜駅近くにオープンした「アソビル」内に5月に新たにオープンする子ども向けの室内遊び場「PuChu!(プチュウ)」のプレオープンに遊びに行ってみました。

「PuChu!(プチュウ)」とは?

 

「PuChu!(プチュウ)」は、2019年3月に横浜駅近くにオープンしたエンターテイメント施設「アソビル」内に5月に新たにオープンする子ども向けの室内遊び場です。

 

今回は「PuChu!(プチュウ)」のプレオープンに当選しましたので遊びに行きました。

 

「PuChu!(プチュウ)」の名称は、「小さな(プチ)」+「宇宙(ウチュウ)」の組み合わせが由来のようで、子どもの中にある小さな宇宙(プチュウ)の無限の可能性や創造力を花開かせることを目的としているとのことです。

 

ホームページはこちら。

pu-chu.com

 

場所・アクセス

 

「PuChu!(プチュウ)」がある「アソビル」の場所はこちら。

「横浜駅」の南通路から直結で行くことができるアクセス良好な場所にあります。 

 

利用料金(やや高め)

 

「PuChu!(プチュウ)」の利用料金はこちら。

  平日 土日祝
こども 2,000円 2,500円
おとな 1,000円 1,500円
延長(30分毎) 500円 500円

90分間のコースで30分毎に子どもも大人も延長料金が発生します。

 

対象年齢は0〜12歳。

 

6ヶ月から料金が発生します。

 

駅近なこともあって値段はやや高めの設定。その分、遊具などはいろいろと面白いものが揃ってました。

  

アソビル

 

こちらが「アソビル 」の入口。

f:id:tamajirooo:20190427164935j:imageプレオープン以来の訪問。

 

開店時間の10時過ぎから多くの来店客で賑わっていました。

 

PuChu!(プチュウ)入口

 

こちらが5月にオープンする「PuChu!(プチュウ)」入口。

f:id:tamajirooo:20190427192403j:plain

受付スペースは広いですが、行列で埋まるくらい多くの方がプレオープンに来ていました。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

遊具・アトラクション

 

DANCE STAR(トランポリンとDJ)

 

最初に遊んだのは「DANCE STAR」エリア。

f:id:tamajirooo:20190427192348j:plain

小さいトランポリンが複数設置されているほか

 

DJのごっこ遊びもできます。

f:id:tamajirooo:20190427192357j:plain

わが家の姉妹DJも頑張ってました。

 

RAINBOW COSMOS(ボールプール)

 

続いては「RAINBOW COSMOS」エリア。

f:id:tamajirooo:20190427192353j:plain

ボールプール内にすべり台などの遊具などがあります。

 

すべり台は滑り降りると、斜面にアイスクリームが出来上がります。

すべり台

鮮やかで綺麗な映像アトラクションに子どもたちもはしゃいでました。

LIFE STAR(野菜収穫)

 

続いては「LIFE STAR」エリア。

f:id:tamajirooo:20190427192352j:plain

このエリアでは埋まっている大きな野菜を収穫する遊びができます。

 

長女も子どもに人気の絵本「おおきなかぶ」みたいな感じで野菜を何度も引っ張り上げてました。

 

WARP ZONE(UFOでターザン)

 

続いては、「WARP ZONE」エリア。

f:id:tamajirooo:20190427192405p:plain

UFOに乗っかってターザンごっこができます。

 

意外とゆっくり移動するのとスタッフの方が乗るときも降りるときもサポートしてくださったので安全に遊べました。 

 

BABY PARK(幼児向けスペース)

 

0~18か月の子ども専用のプレイエリア「BABY PARK」エリア。

f:id:tamajirooo:20190427192354j:plain

 

「BABY PARK」には星や月の形の大きなクッションがあるのみのシンプルなスペース。

赤ちゃん尿クッション

長女と次女の2人で転がしたり、乗っかたりして楽しんでました。 

 

 

MAMA TERACE(休憩ゾーン)

 

施設内にはパパママが休憩できる「MAMA TERACE」エリアもありました。

f:id:tamajirooo:20190427192358j:plain

大きめのクッションなどがあり、かなりくつろいでる方が多かったです。 

 

BOOK STAR(絵本もある)

 

施設の奥には「BOOK STRA」エリア。

f:id:tamajirooo:20190427192402j:plain

絵本コーナもあります。

 

奥に鏡があるほか、八角形の不思議な空間に次女は興味津々でした。 

 

<スポンサーリンク>

 

まとめ(高いけど充実)

 

「PuChu!(プチュウ)」には12の遊べるエリアがありました。

 

今回はその中でもわが家の子どもたちが楽しめたエリアを取り上げてみました。

 

他の室内遊び場と比べるとやや高い印象ですが、取り揃えてある遊具・アトラクションは充実しており、子どもたちが遊んでいると1時間以上は軽く遊びに夢中になる充実ぶりでした。

 

施設内には、おむつ替えや授乳スペースもあり、離乳食・おむつの自動販売機なども完備してありました。

 

5月1日のオープンからしばらくは混み合いそうですが、横浜駅ほぼ直結で天候が悪い日も遊びに行きやすいので、落ち着いた頃に改めて遊びに行きたい場所でした。

 

引き続き子どもと楽しく過ごせる場所をいろいろ巡りたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「アソビル」の紹介記事はこちら。 
www.ikumensurfer-tamajiro.com

 

イクメンサーファーたまジロー   

 
<スポンサーリンク>