イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

初めての子供用キックボード選び 買う前に知りたかったこと【3歳版】

3歳の長女に初めてキックボードを購入した際にキックボードの種類が多いことを知りましたので、これから子ども用キックボードを購入される方向けの参考情報として、購入する前に知っておきたかったことを書いてみました。

子ども用キックボードを買う前に知っておきたかったこと

 

2輪か3輪か、それとも4輪か

 

今回キックボードを購入したお店では2輪タイプと3輪タイプのキックボードが販売されていましたので、3歳用にキックボードを購入する際のメリット・デメリットを店員さんに聞いてみました。

 

店員さんによると、2輪タイプと3輪タイプのメリット・デメリットはこんな感じ。

  2輪タイプ 3輪タイプ
メリット 3輪よりも難しいので飽きづらい 2輪よりも乗りやすい
デメリット あまりに乗れないと子供が遊びたくなくなる 乗りやすいので飽きやすい

結論としては、2輪タイプは3輪タイプよりも乗ることが難しいことが1番の違い。

 

3輪タイプは乗りやすい一方で飽きやすい。

 

2輪タイプは乗ることが難しいため練習しがいもあって飽きづらい。ただし、あまりに乗れないと子どもが嫌気をさすこともある。

 

難易度と飽きの微妙なバランス。

 

子どもによってどちらがいいかは異なりますが、わが家は初めてのキックボードでしたので3輪タイプを購入。

 

長女が3輪タイプに飽きた場合には次女にあげて、長女には2輪タイプを新たに購入すればいいと思い、3輪タイプを購入しました。

 

ちなみに、キックボードには4輪タイプもありますが、3輪タイプよりもさらに難易度が低いため、3歳児はすぐに飽きてしまうとのこと。

 

実際に購入してみてわが家の場合は3輪タイプで良かったなと思います。

 

折りたたみ式の方が便利

 

ハンドル部分を折りたたみ可能なタイプと折りたたみできないタイプがあります。

 

電車・バスなどの公共交通機関に乗る際や自転車・ベビーカーで移動する際のほか、自宅で保管する際に、折りたためると重宝します。 

 

フットブレーキはあった方が安心だけど

 

多くのキックボードの後輪の上部分にブレーキがついています。

 

ブレーキはあった方が安心ですが、通常のスピードで走る限り、止まるときは両足をついて止まることができます。

 

坂道などで通常以上のスピードが出てしまうときにはブレーキがあった方がいいですが、そもそも3歳児がフットブレーキを使いこなせるかというと、なかなか難しい。

 

公園など坂道がない安全な場所で安全に遊ぶ限りは、ブレーキは付いてなくても支障はないと感じます。

 

ハンドブレーキもあった方が安心だけど

 

ハンドル部分に自転車のブレーキのようなハンドブレーキ付きのタイプもあります。

 

ハンドブレーキもあった方が安心ですが、3歳児の手は小さいので販売されていたタイプではハンドブレーキを握れませんでした。

 

3歳児も次第にハンドブレーキを握れるようになるので、自転車の練習のためにも付いていたほうがいいかもしれませんが、フットブレーキと同じく、安全な場所で安全に遊ぶ限りは、必須とは感じていません。

 

購入したキックボード

 

今回購入したキックボードはこちら。

3輪タイプのキックボード。

 

ブレーキはフットブレーキのみ。

 

タイヤが回転するとキラキラ光るのが長女は好きな様子でしたので、こちらを購入しました。

 

<スポンサーリンク>

 

 

キックボード初乗り

 

キックボード初乗り。

f:id:tamajirooo:20190506224220j:plain

最初はなかなか上手く乗れず。。。

 

上手く乗れないのが悔しくて初めのうちは泣いたりしました。

f:id:tamajirooo:20190506224216j:plain

3輪タイプに苦労している様子を見ると、ムリして2輪タイプにしなくて良かったなと思いました。

 

公園で遊んでる子どもを見てると、2輪タイプは走らせたボードに片足で立てるくらいのバランス能力が必要ですので、初めて購入する際は3輪タイプで十分かなと思います。

 

ちなみに、30分も練習すると長女も慣れてきて、スピードに乗せてボードを走らせた上で片足立ちができるようになりました。

 

子どもの上達スピードはなかなか速い(親バカ)。

  

まとめ

 

3歳用の子ども向けキックボードを購入する前に知っておきたかったことはこちら。

  • 車輪の数で乗る難易度が変わる
  • 難易度が低いと乗りやすいが飽きやすい
  • 難易度が高いと乗りこなすまで時間かかるが長く遊べる。でも、あまりに乗れないと嫌になる
  • 折りたたみ式の方が持ち歩き・保管などで便利
  • ブレーキはあった方が安心感あるが安全な場所で遊ぶ限りは必須とは思わない

 

キックボードを購入して以来、保育園から帰ってきてはほぼ毎日遊んでいます。

 

わが家は結果的に3輪タイプを購入して良かったです。

 

ほどよく難しいので飽きずにトライ&エラーを繰り返して、上手くいかないときは悔しがり、上手く乗れたときは達成感で満面の笑みで遊ぶことに熱中しています。

 

デザイン・形状含めて子どもに合うタイプは異なると思いますが、購入する際に初めてキックボードの種類が多いことを知りましたので、これからキックボードを購入する方の事前情報として参考になればと思います。

 

キックボードを購入してから週末の子どもとの散歩が楽しみになりました。 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

わが家が購入したキックボードはこちら。

 

イクメンサーファーたまジロー   

 
<スポンサーリンク>