「湘南あそびマーレ」春から雪でも遊べる平塚の子供向け室内遊園地

NO IMAGE

子どもとのお出かけスポット巡りが日課の「たまジロー」です。

今回は平塚に2019年12月にオープンした室内遊園地「湘南あそびマーレ」に遊びに行ってみました。

湘南あそびマーレ(室内遊園地)

「湘南あそびマーレ」は、2019年12月にオープンした室内遊園地で、館内では大型遊具やおもちゃで遊べるほか、ミニSLで館内を走ったりして遊ぶことができます。

また、2020年の春からは雪で遊べるスノータウンや小動物の動物園も開園する予定の施設です。

場所・アクセス(平塚駅徒歩5分)

「湘南あそびマーレ」の場所はこちら。

最寄り駅の「平塚駅」から徒歩5分程度の場所にあります。

入場料金(オープニングキャンンペーン中)

入場料金はこちら。

通常料金オープニングキャンペーン(3月中旬まで)
平日1,000円700円
休日1,400円1,000円

2歳から大人と同じ料金がかかります。1歳は入場無料。

3月中旬まではオープニングキャンペーンで通常よりも安い値段で入場できます。

再入場も可能ですのでランチタイムを挟んで遊ぶこともできます。

お店外観

「湘南あそびマーレ」があるOSC湘南シティ。

f:id:tamajirooo:20200217204043j:plain

こちらが「湘南あそびマーレ」の入口。

f:id:tamajirooo:20200217204107j:plain

外から遊んでる風景が見えるので子どもたちも入場前からはしゃいでました。

<スポンサーリンク>

 

1歳が楽しめた遊具・おもちゃ

大型ふわふわ遊具(定番遊具)

室内遊び場定番の大型ふわふわ遊具。

f:id:tamajirooo:20200217204407j:plain

1歳の次女がさっそくトライ。

1歳にはなかなかハードル高いですが、果敢に挑んでました。

f:id:tamajirooo:20200217204421j:plain

1歳をサポートする私もなかなかしんどい。

ボール投げゲーム(デジタル映像)

続いてはデジタル映像にボールを投げて遊ぶコーナー。

f:id:tamajirooo:20200217204155j:plain

投げたボールに反応して映像が変わります。

f:id:tamajirooo:20200217204130j:plain

投げたボールが弾けるのはなかなか爽快。私も投げてました。

<スポンサーリンク>

 

ウエスタントレイン(ミニSL)

続いては館内を走るミニSL「ウエスタントレイン」。

f:id:tamajirooo:20200217204533j:plain

けっこう長いSL列車。

室内を往復して走ります。

忍者屋敷(迷路コーナー)

ミニSLの隣には忍者屋敷。

f:id:tamajirooo:20200217204544j:plain

忍者屋敷内はふわふわ遊具の迷路。

f:id:tamajirooo:20200217204556j:plain

大人はスイスイ進めますが、1歳にはやや難易度高い迷路。

障害物コーナーの感覚で楽しんでました。

幼児向けコーナー(おもちゃ充実)

店内中央には幼児向けのコーナー。

f:id:tamajirooo:20200217204206j:plain

ぬいぐるみ、ミニ遊具、おもちゃが充実。

プラレールやおままごとの各種おもちゃでたっぷり遊んでました。

f:id:tamajirooo:20200217204653j:plain

有料ゲームコーナー

店内には有料のゲームコーナーもありました。

f:id:tamajirooo:20200217204510j:plain

アンパンマンやピカチュウなど子どもが興味を惹くものがたくさんありましたが、追加でお金が発生しそうでしたので、なるべく気付かれないようにしてました。

感想(雪で遊べるスノータウン楽しみ)

今回は1歳の次女との訪問で遊具やおもちゃで半日ほどガッツリ楽しめました。

天候が悪い日などに子どもが身体を動かして遊べる場所として活用したい施設でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「東京あそびマーレ」のスノータウンで遊んだ際の記事はこちら。

関連記事

2018年4月に東京都八王子市の堀之内にオープンしたキッズ向け室内遊園地「東京あそびマーレ」に行ってみました。東京あそびマーレ(子供向け室内遊園地) 「東京あそびマーレ」は、「レジャーランド」などのレジャー施設を全国で展開す[…]

IMG

たまジロー

<スポンサーリンク>