ららぽーと立川創造冒険!木製おもちゃで子供が遊べる室内遊び場!

子どもとのお出かけスポット巡りが日課の「たまジロー」です。

 

今回は「ららぽーと立川立飛」内にある室内遊び場「創造冒険」で子どもが楽しめた遊具などをまとめました。

たまジロー
たまジロー
モノレールを降りてすぐにある「創造冒険」は子供の遊び場として人気のスポットの1つです。

 

屋内の森あそび体験「創造冒険」

 

「創造冒険」は、2018年にオープンした大和地所が運営する「ららぽーと立川立飛」内にある子ども向け室内遊び場。

 

館内では木製の遊具やおもちゃで遊ぶことができます。雨の日など外で遊べない日は特に混んでるスポットです。

 

場所・アクセス

 

「創造冒険」の場所はこちら。

最寄り駅の「立飛駅」から「ららぽーと立川立飛」に向かう途中の広場内にあります。

 

利用料金

 

利用料金はこちら。

最初
30分
延長
10分毎
子ども
(6ヶ月〜12歳)
650円100円
おとな650円無料

6ヶ月未満の子どもは無料です。

 

他にも1dayパスや日によっては休日2時間パックのプランもあります。

 

創造冒険入口

 

こちらが「創造冒険」。

創造冒険入口

モノレールの「立飛駅」から「ららぽーと」に向かうまでの間にあります。

 

入口の混み具合

 

入場する際には用紙に必要事項を記入して受付手続きをします。

 

館内での説明などもあり入場手続きは最低でも10分くらいくらいかかる感じでした。

 

<スポンサーリンク>



 

子供が楽しめた遊具

川のゾーン

 

入場して最初にあるのは「川のゾーン」。

川のゾーン

木のボールたちが川のように敷かれています。

 

奥には滑り台のような場所もあります。

すべり台

 

子どもたちは障害物を登ったり頭からダイブしてましたが、木の表面はツルツルしてないため、ズズズと突っかかりながら滑り降りてました。

たまジロー
たまジロー
勢いよく滑り落ちないので安心ではあります。

 

ハイハイゾーン

 

「川のゾーン」の隣には「ハイハイゾーン」。

ハイハイゾーン

1歳半までを対象にしたエリア。

 

小さいトンネルや障害物など1歳児にほどよい難易度の遊具たち。

ハイハイゾーンすべり台

家でアグレッシブに遊べない分、たっぷり遊びました。

 

<スポンサーリンク>



 

森のゾーン

 

「創造冒険」には2つのエリアがあります。

川のゾーン

「森のゾーン」には「川のゾーン」よりも難易度高めの遊具があるほか、積み木で遊べるエリアもあります。

 

まずは木の台に登って遊ぶエリア「ぐるぐる」。

丸太の遊具

丸太を平均台のようにして遊べます。小学校の頃にこうして遊んだなと懐かしくなる遊具。

 

他には「川のゾーン」よりも大きめの高台「岩山」。

岩山

 

やや怖いのが登ると裏側は階段。

岩山の裏側

 

こちらも1、2歳児の場合には転げ落ちそう。

たまジロー
たまジロー
1歳くらいだと登るだけ登って降りれないので、追いかけて面倒見たほうがいい感じでした。

 

ほかにも「つみ木」のコーナー。

積み木コーナー

大小さまざまな形の積み木があります。

たまジロー
たまジロー
木製の遊具もおもちゃも充実していました。

 

まとめ(難易度高いけど楽しめる)

 

「創造冒険」では木製の遊具やおもちゃでいろいろ遊ぶことができました。

たまジロー
たまジロー
1歳からでも遊べますが、難易度が高い遊具もありますので注意が必要でしたが、天候が悪い日などには利用したい立川の室内遊び場です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

立川駅近くで子どもと楽しめる室内遊び場はこちら。

 

たまジロー

 

<スポンサーリンク>