埼玉県越谷市いちご工房!電車で行けるイチゴ狩りスポット!

子どもとのお出かけスポット巡りが日課の「たまジロー」です。

今回はイチゴが好きなわが家の子どもたちのために埼玉県越谷市にあるイチゴ狩りスポット「いちご工房 木村屋」に遊びに行ってみました。

いちご工房木村屋

「いちご工房 木村屋」は、埼玉県越谷市にあるイチゴ農園で、駅から徒歩15分程度の場所にある電車でも遊びに行きやすいイチゴ狩りスポットです。

「いちご工房 木村屋」では、1月からゴールデンウィークくらいまでイチゴ狩りを開催しています。

ホームページはこちら。

いちご工房 木村屋 – 越谷でいちご狩り!電車でも車でも便利ないちご園です。

場所・アクセス

「いちご工房 木村屋」の場所はこちら。

最寄り駅の「大袋駅」から徒歩15分程度の場所にあります。

料金(2歳以下無料)

いちご狩りの料金はこちら。

料金
大人・小学生以上1,800円
3歳以上1,000円
2歳以下無料

時期によって料金は異なるようですが、遊びに行った4月時点では上記の料金でした。

2歳以下は無料。なんだかんだで1歳でもけっこうイチゴを食べますのでありがたい。

イチゴ狩りができる時間は1回あたり30分間。

30分間だと短い印象がありますが、30分間イチゴだけを食べ放題ですので、何だかんだで十分な時間でした。

入口(住宅街のビニールハウス)

「いちご工房 木村屋」のイチゴ狩り場所はこちら。

f:id:tamajirooo:20190407160430j:plain

住宅街の中にビニールハウスがあります。

<スポンサーリンク>

 

イチゴ狩り

入口付近(グッズなど)

ビニールハウスに入ってすぐの場所にはテーブルと各種グッズがあります。

f:id:tamajirooo:20190407160442j:plain

とりあえず、子どもは気になって手を出します。。

イチゴ狩り場所(ベビーカーOK)

受付の奥にはイチゴ狩り場所。

イチゴ栽培場所

約8種類のイチゴが品種ごとに各列に栽培されています。

地面が土ではなく、ベビーカーや車椅子でも入れる通路が設けられているのは子連れファミリーにはありがたい。

イチゴ狩り(紅ほっぺ、しおりが美味しい)

注意事項などについてスタッフの方から説明を受けてさっそくイチゴ狩りへ。

イチゴ狩りの様子

3歳の長女はイチゴも上手く採れるようになりました。

次女もイチゴが気になって負けじと手を伸ばしてました。。。

まずは「紅ほっぺ」。

f:id:tamajirooo:20190407160433j:plain

良い感じの赤色。

なんだかんだで1番美味しかった「紅ほっぺ」。

続いては「あきひめ」。

f:id:tamajirooo:20190407160436j:plain

細長い形状。

「紅ほっぺ」ほどの甘さは感じませんでしたが、さっぱりした感じ。

他にも「桜香(おうか)」。

f:id:tamajirooo:20190407160440j:plain

キレイなピンク色の花が咲いており、花の良い香りがしました。

個人的に「紅ほっぺ」と同じくらい美味しいと思ったのは「しおり」。

f:id:tamajirooo:20190407160439j:plain

食べるだけ食べて「しおり」の写真を撮り忘れましたので名前だけ。

個人的には「紅ほっぺ」よりも甘い印象。

「しおり」は1列しかなかったこともあって終盤にはほとんど失くなっていました。

<スポンサーリンク>

 

まとめ(電車で行けるイチゴ狩り)

こんな感じで8種類ほどあるイチゴが30分間食べ放題でした。

人によって好みは異なりますが、種類も多いので自分が好きなイチゴを見つけてたくさん食べれる感じでした。

イチゴ狩りスポットは車でないと行けない場所も多いですが、「いちご工房 木村屋」は電車でも行きやすい場所ですので車を持たない方にはありがたいです。

また、イチゴ狩りの場所も通路が広く設計されており、地面もシートが敷かれていることからベビーカーや車椅子でもイチゴ狩りを楽しめるのは良かったです。

3歳の長女も1歳の次女もイチゴでお腹が膨れるくらいイチゴをたくさん食べて楽しんでもらえました。

「いちご工房 木村屋」のイチゴ狩りはゴールデンウィークくらいまでとのことですので、イチゴ狩りを検討されている方は早めに予約をされることをオススメします。

引き続き子どもと楽しく過ごせる場所をいろいろ巡りたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

東京でイチゴ狩りができるスポットの記事はこちら。

www.ikumensurfer-tamajiro.com

イクメンサーファーたまジロー

<スポンサーリンク>