イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

コロナウイルスで広がるリモートワークのメリットと今後会社に必要なこと

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で会社に出社せずに自宅で業務を遂行するリモートワークが広がる中で感じたリモートワークのメリットや今後会社に必要なことを書いてみました。

新型コロナウイルスの影響で広がるリモートワーク

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で会社に出社せずに自宅で会社の業務を遂行する在宅勤務(リモートワーク)が企業各社において広がっている。

 

時差出勤も広がりを見せているものの、新型コロナウイルスの感染者が増加し続けていることや3月からの全国の公立の小学校、中学校、高校の一斉休校の影響もあり、これまで取り組んでいなかった会社においてもリモートワークを実施する会社が増えたように感じる。

 

全面的なフルタイムのリモートワークの会社は多くない印象だが、週数回のパートタイムのリモートワークが広がり始めたことは大きな変化と感じる。

 

リモートワークのメリット

 

会社のメリット(家賃などのコスト抑制)

 

実際にリモートワークを運用し始めたことでリモートワークが機能してる会社においては今後コスト抑制効果が出てくると感じる。

 

大手企業ではオフィススペースとして一等地に広いオフィススペースを借りている会社もあるが、こうした会社でリモートワークが軌道に乗れば、これまでのようなオフィススペースは不要となる。

 

すべてのオフィススペースが不要となることはないが、従業員全員が一律に出社する必要がなくなれば、フリーアドレスオフィスとすることでオフィススペースの効率化が図られ、無駄な拠点維持費を抑制できるため会社のメリットとしては大きい。

  

従業員のメリット(通勤ラッシュや服装への気遣い減る)

 

従業員にとっては、人混みが激しい通勤ラッシュでの通勤や通勤自体の往復時間がなくなるのは大きなメリットと感じる。

 

満員電車で通勤している方にとっては、通勤だけで時間や体力を浪費するため、リモートワークによって時間も体力も抑制されることで業務により集中でき、業務外における自分の時間も確保することができる。

 

また、実際にリモートワークに取り組んだことで感じた身近なメリットとして、出社するにあたってスーツなどの服装に着替える時間や服装に気遣うストレスがなくなることは何気にリモートワークのメリットとして大きいと感じる。

 

テレビ会議などもある場合は最低限の身だしなみは必要と思うが、出社のためのスーツなどへの着替えに何気に時間や気を使っていたことに気づけたため、このストレスが少ない働き方ができるのは大きなメリットとして感じた。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

リモートワークを定着させるために必要なこと

 

リモートワークの課題

 

実際にリモートワークが開始したことで運用面での課題も出てきたように感じる。

 

今後リモートワークを定着させるうえでは主に会社では下のような点について対応が必要になると感じる。

  • リモートワークのインフラ整備
  • セキュリティ対策と意識付け
  • 業務の進捗と成果を管理する仕組み
  • 成果が十分ではない従業員への対応 

 

リモートワークのインフラ整備

 

リモートワークを実施する上ではリモートワークを実施するインフラが必要となる。

 

一般的にリモートワークで必要となるのはノート型のPCであるが、普段ノート型のPCを使っていない従業員もいるため、こうした従業員もリモートワークを実施するでは最低限のインフラやツールが必要となる。

 

また、会社や業務によっては自宅から会社の社内ネットワークにアクセスする際のインフラ整備も必要になる。

 

実際に以前からリモートワークに取り組んでいた会社では、社内のイントラネットワークにアクセスするVPN接続の容量がリモートワークする従業員分用意されておらず、リモートワークできる人数が限られていた会社もあり、リモートワークを定着させる上ではインフラ整備がセキュリティ上においても必要になると感じる。

 

セキュリティ対策と意識付け

 

リモートワークを実施する上ではインフラやツール面におけるセキュリティ対策と従業員個人へのセキュリティの意識付けが重要になる。

 

どんなにインフラを整えても実際に機密性の高い重要情報や書類等を自宅に持ち帰ることも発生するため、こうした場合のセキュリティ上の運用やそもそもの従業員へのセキュリティへの意識付けが重要となる。

 

リモートによる効率化は会社にとってのメリットであるが、その分、セキュリティ上のリスクが増えるのも事実として存在するため、これらの対策が今後の運用では必要となる。

 

業務の進捗・成果を管理する仕組み

 

リモートワークで業務を遂行するなかで業務の進捗や成果を管理する仕組みについても改めて検討が必要と感じる。

 

これまでオフィススペースで進捗を確認することは容易であったが、リモートになることで業務実態が見えづらくなる。進捗確認が十分でないとアウトプットも不十分となり、結果として非効率にもつながる。 

 

また、進捗を確認する仕組みが十分でないと従業員の緊張感も薄まるため、リモートワークで生産性を上げたいところ、むしろダラけるだけで生産性が上がらない結果にもなる。

 

在宅で勤務することからストレスも少ない反面、リモートワークしながらも緊張感を維持して働く仕組みを整備することがリモートワークを普及させるために必要と感じる。

 

成果が十分ではない従業員への対応

 

進捗確認の仕組みの延長にもなるが、成果が十分ではない従業員についての対応も今後リモートワークを普及させる上では課題になると感じる。 

 

リモートワークでなくても進捗や成果が見られない従業員の対応については課題となるが、リモートワークが普及することでリモートワークで成果を出す人間とそうではない人間の差が大きく出てくることが想像される。

 

成果が十分に出せない従業員がリモートワークで野放し状態になるのはガバナンス的にも良くなく、結果的に会社にとっても従業員にとっても不幸な形となる。 

 

これまでの日本企業の文化には受け入れがたい部分もあるが、リモートワークを運用する上では成果を出す従業員と成果が十分に出せない従業員いずれについての処遇もこれまで同様に一律ではない対応がより求められるため、外資系企業の成果主義についても取り入れる必要性も感じる。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

最後(今後の企業競争力に差がつく)

 

現在広がり始めているリモートワークが定着するかどうかは今後の会社の競争力にも差が生じると感じる。

 

現在は新型コロナウイルスの影響であったり、リモートワークへの移行期間であることから、リモートワークによる効果も十分に出ていない会社もあるが、平常時に戻った際にリモートワークの運用を軌道に乗せられるかどうかによって会社の効率化・収益性にも影響を与え、今後の会社の競争力にも影響を与える。

 

もともとリモートワークが難しい業種・職種もあるので、すべての会社に当てはまることではないが、今回の新型コロナウイルスが日本企業に変化のきっかけを与えているのも事実であるためこうした変革期への対応が今後より重要になると感じる。

 

新型コロナウイルスの影響は広がり日々情勢も変化してるため、引き続き注視して過ごしたいと思います。 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

たまジロー   

 

<スポンサーリンク>