子供あそびレポ

~東京近郊の子供のお出かけスポット、子供と楽しめる情報のサイト~

小学校プログラミング必修化!子供がプログラミング言語を学ぶものと思ってた。。

2020年度の小学校のプログラミング必修化での勘違いを書いてみました。

小学校のプログラミング必修化

f:id:tamajirooo:20200901193649j:plain

2020年度から小学校のプログラミング教育が必修化されましたが、実際に学習指導要領が改定されてプログラミング教育が必修化されたことで小学校の授業がどう変わるかを理解してませんでした。

 

プログラミング教育が必修化されたことで、国語や算数のほかに科目としてプログラミングが加わってプログラミング言語を学ぶものと思い、わが家も何か準備しておかないといけないかなと思いましたので、実際は違うようですので今回知ったことをまとめてみました。

 

プログラミング教育の新学習指導要領のポイント 

 

プログラミング教育が盛り込まれた新学習指導要領では、小学校のプログラミング教育のポイントとして

 

「プログラミング的思考」を育む

 

が小学校プログラミング教育のねらいとして挙げられています。

 

ここでいう「プログラミング的思考」とは下の通りとされてます。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、 記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、 といったことを論理的に考えていく力 

 ※出典:文部科学省「小学校プログラミング教育の手引」

 

「プログラミング的思考」として論理的な思考で課題を解決する力を身につけることがねらいとされてます。

 

このことからプログラミング言語を覚えたり、プログラミ ングの技能を習得したりすること自体は小学校のプログラミング教育のねらいとはしていないことも明記されています。

 

学習指導要領では算数の単元で実施する具体例として

プログラミングを用いて、正多角形の意味をもとにした正多角形(正方形、 正三角形、正六角形等)を書く方法を考える。 

といった例示が挙げられており、プログラミングという科目を新たに学習するのではありません。

 

プログラミング教育と聞いて最初はプログラミング言語や技能をどう学ぶのかと勘違いしていましたが、実際にプログラミングを身につける下地を身につけるものと理解しました。

 

通信教育サービスでもプログラミングの講座が用意されてる

 

小学校でのプログラミング教育の必修化に伴い、代表的な通信教育サービスでも小学校の講座では1年生からプログラミング的思考・論理的思考力を養うためのプログラミング講座が新学習指導要領に従い用意されています。

 

進研ゼミ小学講座のプログラミング講座

【進研ゼミ小学講座】

 

スマイルゼミのプログラミング講座

スマイルゼミ

 

いずれもタブレットを通じて学ぶ内容となっています。

 

ただ、論理的思考力という観点ではもともといずれの通信教育でも考える力を養う講座が用意されていたので「プログラミング」という講座に置き換わった印象もある。

 

また、サイバーエージェントが提供する小学生向けのプログラミングスクールもありました。

 

小学校のプログラミング教育必修化に伴い、子ども向けの様々なプログラミングスクールも増えてきました。

 

プログラミングのイメージが先行

 

自分自身のただの不勉強ながら、プログラミング必修化と聞くと、コロナ禍で鮮明になった日本企業や行政機関のIT化の遅れから、プログラミング言語や技能を小さい頃から養うことを促進する印象を持ってました。

 

また、プログラミングスクールでは仕事に直結するプログラミングの言語や技能を習得するものがメインであることもあってプログラミング教育自体を理解していない状態でした。

 

先生も大変だなと感じる

 

勝手なイメージですが、小学校では実際にプログラミング言語や技能を習得するわけではないとされていますが、小学校の先生でプログラミングに馴染みがある方は多くないと思いますので、時代の変化なので仕方ないと思いますが小学校の先生も大変だなと感じます。

 

小学校の授業に英語やプログラミングが増えており、少しずつの印象ですが、学校教育の内容も変わっていることから、昔ながらの担任の先生が何でも教えるスタイルなども変わっていく必要もあるように感じます。

 

親も学んだ方が良いかも

 

小学校のプログラミング教育が「プログラミング的思考」を育むことが目的とはいえ、子どもが興味を持てば実際にプログラミング言語の習得などにつながることを考えると親も一緒に学んだほうがいいかなと感じます。

 

子どもが実際にプログラミング言語を学ぶ際にはプログラミング言語も異なる可能性はありますが、これを機にプログラミングを学んでみようと思います。

 

そんな時代の変化の中での自分の変化の必要性も感じた小学校でのプログラミングの必修化でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

子どもの学習に関する情報はこちら。

子どもゼミ

 

たまジロー