イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

「プラレール博東京2019」GWで混雑の池袋の子供向けイベント

子どもとのお出かけスポット巡りが日課の「たまジロー」です。

 

今回は毎年池袋サンシャインシティで開催されている「プラレール博 in 東京」に子どもたちと遊びに行ってみました。

「プラレール博」とは?

 

「プラレール博」は、毎年池袋サンシャインシティで開催されているタカラトミーの鉄道おもちゃ「プラレール」のイベントで、イベント会場ではプラレールに関する各種展示やアトラクションなどで遊ぶことができます。

 

2019年の「プラレール博」は、4月26日~5月6日までのゴールデンウィーク期間中に開催されています。

 

ホームページはこちら。

プラレール博 in TOKYO ~超デカッ!プラレールトンネル登場!~|イベント・キャンペーン|タカラトミー

 

場所・アクセス

 

「プラレール博」は池袋サンシャインシティで開催されています。

最寄り駅の「東池袋駅」に直結しており、徒歩2、3分程でサンシャインシティに行くことができます。

 

ただ、イベントがGW期間中に開催されていることもあり、イベント会場までのエレベーターはかなり混みあいます。

 

入場料金

 

入場料金はこちら。

  当日券 前売券
大人(中学生以上) 1,000円 900円
3歳~小学生 800円 700円

2歳以下は無料です。

 

当日券と前売券の料金はそれほど変わりませんが、当日券を購入する時間を省略するために、あらかじめ前売券を購入しておいた方が良いです。

  

入場までの混み具合(大混雑)

 

開場時間10時のところ、今回は10時30分到着。

 

しかし、なにやら大行列。

 

前売券を購入していたので行列には巻き込まれないだろうと思ってましたが、開場時間を過ぎてから到着したのが間違いでした。

 

なにやら入場には整理券も必要とのことで、整理券をもらうための行列ができてました。

 

まずは、整理券をもらうまで30分。

 

そして、ようやく整理券をゲットしたと思ったら、整理券に記載された番号が呼ばれるまで待つ必要があるとのこと。

 

整理券のバーコードから入場案内中の番号がわかるため、一旦、サンシャインシティ内でランチ。

f:id:tamajirooo:20190429121616j:image

待ち時間が長かったですが、サンシャインシティ内で過ごせる場所が多かったので助かりました。

 

そして、整理券をもらってから1時間。

 

ようやく入場コーナーへ。

 

しかし、入場コーナーからまた待ちます。

f:id:tamajirooo:20190428170031j:plain

ディズニーランドのアトラクション並みの行列と待ち時間。

 

迷子シールを長女に貼ったりしながら待つこと30分。

 

ようやく入場口到着。

 

10時30に会場に到着しながら、なんやかんやで13時頃に入場できました。

  

ようやく入場できて喜ぶ子どもたち。

f:id:tamajirooo:20190428170029j:plain

入場記念プラレールももらえました。

 

<スポンサーリンク>

 

プラレール博の3エリア

 

プラレール博はA~Cの3つの展示エリアがあります。

 

各エリアの概要はこんな感じ。

  • A プラレールの各種展示
  • B ステージショー、おもちゃ販売コーナー
  • C 有料アトラクションコーナー

 

何気に会場が広く、遊べるアトラクションが多いです。 

  

展示ホールA(プラレール展示)

 

プラレールゾーン

 

展示ホールAに入場して最初にあるのは「プラレールゾーン」。

プラレールの展示

プラレールの歴史(写真左)や初代プラレール(写真右)の展示。

 

ほかにも巨大なプラレールのジオラマ。

プラレールジオラマ

自宅でいつかは作りたいと思っていた巨大プラレール。

 

長女や周りの子どもたちは乗り出して見ていました。

 

「プラレールゾーン」で特に人気があったのはプラレールのトンネル。

f:id:tamajirooo:20190428170039j:plain

360度プラレールに囲まれるトンネルを通ることができます。

 

天井・床・左右の壁いずれもプラレールが組み立てられています。

プラレールのトンネル

ついついトンネル内で立ち止まって見てしまう展示。

 

ですが、そのせいでなかなか見学の列は進みまず、こちらの展示はトンネルに到着するまで約1時間の順番待ちでした。。。

 

プラレールトーマスゾーン

 

続いては、プラレールのトーマスの展示ゾーン。

f:id:tamajirooo:20190428170043j:plain

トーマスのフォトスポットだったり、ボールを投げ込むアトラクション、トーマスのプラレールの巨大ジオラマなど、子どもたちが夢中になる展示が多数ありました。

 

<スポンサーリンク>

 

 

展示ホールB(シンカリオン・ステージショー)

 

続いては展示ホールBへ。

f:id:tamajirooo:20190428170044j:plain

こちらの展示エリアではシンカリオンに関する展示やフォトスポットがありました。

 

わが家はシンカリオンのアニメなどを見せたことはありませんが、長女はシンカリオンの展示が気になる様子。

 

ほかにも、既にショーは終了していましたが、ステージショーもあります。

f:id:tamajirooo:20190428170045j:plain

 

そして、このステージショーの隣は展示ホールBの会場の半分を占めるおもちゃの販売コーナー。

 

子どもたちの「買って買って攻撃」は凄まじかったです。

 

展示ホールC(有料アトラクション)

 

チケットを購入 

 

そして、最後の展示ホールCは有料のアトラクションがあるコーナー。

 

こちらのチケットを購入して各アトラクションで遊びます。

f:id:tamajirooo:20190428170046j:plain

1枚100円、11枚つづり1,000円でチケットが販売されています。

 

各アトラクションで遊ぶ際に必要なチケットの枚数はパンフレットに記載されていますので、あらかじめ遊ぶアトラクションを決めておいたほうが良かったです。

(買う直前に悩む方が多く、チケット売り場に行列ができてました)

 

プラレールつり(チケット7枚)

 

今回はまず「プラレールつり(チケット7枚)」へ。

f:id:tamajirooo:20190428170048j:plain

プラレールの先頭車(モーター付)を釣って1台持ち帰ることができるコーナー。

(司会のお姉さんは女子高校生風コスプレ(?)をしてました)

 

釣り糸の針にプラレールを引っ掛けて釣ります。

プラレールの釣り

3歳児にはやや難しかったですが、欲しがっていた黄色の電車をゲット!

 

嬉しかった長女は

 

「ドクターイエロー!」

 

と連呼してましたが、嬉しそうなので特に指摘しませんでした。

 

トーマスのミニ電車(チケット2枚)

 

続いては、トーマスのミニ電車に乗れる「レッツゴートーマス(チケット2枚)」。

f:id:tamajirooo:20190428170051j:plain

 

狭いコース1周でチケット2枚はやや高め。

f:id:tamajirooo:20190428170053j:plain

それでも長女は楽しんでましたので、2回乗って11枚つづりのチケットを消化しました。

 

プレイランド(無料) 

 

ちなみに、会場奥には無料でプラレールの各種おもちゃで遊べる「プレイランド」。

f:id:tamajirooo:20190428170052j:plain

ですが、訪れた時間には遊び時間がすべて終了。

 

こちらのコーナーで遊びたい場合には早めに訪れたほうが良さそうでした。

 

<スポンサーリンク>

 

 

感想(混むけど子ども喜ぶ)

 

遊びに行く前は午前中からお昼にかけて遊ぶイメージでしたが、入場まで2時間以上かかり、イベント会場も非常に混み合ってましたので、なんだかんだで夕方の閉園時間まで遊んでました。

 

入場の際にはいきなりGWの10連休の洗礼を浴びた感じでした。

 

こんな混み具合でしたので、チケットは事前に前売券を購入して、開場前に遊びに行くのが良さそうでした(それでも混みますが、、、)。

 

人混みでいろいろ大変でしたが、プラレールやトーマスのアトラクションもあり、子どもたちもとても楽しんでましたので遊びに行った甲斐があったイベントでした。

 

引き続き子どもと楽しく過ごせる場所をいろいろ巡りたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

イクメンサーファーたまジロー   

 

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

 
<スポンサーリンク>