大島パン屋メイカセブンたっぷりあんこ「あんぱん」!朝の行列待ち時間!

こしあん

「パン・オブ・ザ・イヤー2018」のあんぱん部門で金賞を受賞した江東区大島にあるパン屋さん「メイカセブン」に行ってみました。

 

メイカセブン(大島人気パン屋)

 

「メイカセブン」は、東京都江東区大島にあるパン屋。

 

パン好きのコミュニティサイト「パンスタ」で年に1度選出している「パン・オブ・ザ・イヤー2018」のあんぱん部門で金賞を受賞した「あんぱん」などを販売しています。

たまジロー
たまジロー
「メイカセブン」の看板メニューの「あんぱん」と「ぶどうパン」は、いずれも中身がぎっしり詰まった質感たっぷりの見た目でインパクトがあります。

 

場所・アクセス

 

「メイカセブン」の場所はこちら。

最寄り駅の「大島駅」から徒歩5分~8分程度の場所にあります。

 

予約は数週間待ち

 

「メイカセブン」の看板メニューの「あんぱん」と「ぶどうパン」は人気のため予約を取ろうとすると数週間先となりますが、朝の開店と同時に並べば、当日販売分を購入できます。

 

ただ、店員さんによると、平日・土日ともに販売開始から1時間程度で当日販売分は完売するとのこと。

たまジロー
たまジロー
訪問した日は、当日販売分の「あんぱん」は1人6個までと決まっていました。

 

お店外観・混み具合

 

「メイカセブン」は大島の商店街にあります。

メイカセブン入口

商店街に入ると、人が並んでるお店が見えてきます。

 

訪問した土日の開店は8時30分からでしたが、8時20分には6人ほど並んでました。

 

並んで待っている人のために先着4人まではイスが用意されてました。

たまジロー
たまジロー
オープン時には気づけば20人ほど並んでました。

 

オープンお客さんなだれ込む

 

オープンすると、順番に入店しますが、中に入ると各々が取りたいパンを求めてパンに向かいますので、途中から人がなだれ込む感じになります。

 

「あんぱん」は朝一なら比較的多く置かれてますので人がなだれ込んでもなくなりはしませんでしたが、「ぶどうパン」は気づけば最後の一斤になってました。

 

店内の様子

 

店内にはパンの販売コーナーとイートインコーナーがありました。

オープンと同時でしたが「ぶどうパン」は私が購入したものが最後の一斤。

 

「あんぱん」には「おぐらあん」と「こしあん」がありました。

あんぱんコーナー

 

どちらも数は多かったので、開店と同時にはなくなりませんでした。

 

 

<スポンサーリンク>



 

購入したパン

ずっしりで重い

 

こちらが今回購入したパン。

今回購入したパン

「ぶどうパン」一斤とあんぱん4個。

 

たいていこれだけだと重くないですが、どれもずっしり中身が入ってるパンなので、持ち帰るビニール袋がとても重かったです。。。

 

あんぱん(羊羹みたい)

 

まずは「あんぱん」。

メイカセブンあんぱん

大きさは手の平サイズですが、ずっしり重い。

 

まずは「おぐらあん」。
おぐらあん

真っ二つに切ってみると、こんな感じ。「薄皮」と謳われてますが、本当に皮が薄い。

 

早速食べてみると、パンというより「あんこ」そのものを食べてる感じ。

 

続いては「こしあん」。
こしあん

「おぐらあん」もけっこうこしてる感じだったので、素人の私にはそんなに違いがわかりませんでした。

 

こちらも皮が薄い「あんこ」ぎっしりの「あんぱん」。

 

2個目にもなると、「あんこ」をそのまま食べてるというより、羊羹を食べてるような感じでした。

 

ぶどうパン(ぎっしり)

 

続いて「ぶどうパン」。

ぎっしりぶどうパン

 

「77%がぶどう」となってるだけあって、こちらも切ってみると、ぶどうがぎっしり。

たまジロー
たまジロー
ここまでぎっしりとぶどうが詰まったパンは初体験。このずっしり感はなかなか他のパンでは体験できません。

 

感想(見た目がすごい)

 

今回購入した「メイカセブン」の「あんぱん」と「ぶどうパン」は食べ応えのあるパンでしたが、どちらかというと、味というより見た目のインパクトが残るパンでした。

 

1度は買いたいずっしり感たっぷりの「メイカセブン」のパンでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

たまジロー

 

<スポンサーリンク>