子供あそびレポ

~東京近郊の子供のお出かけスポット、子供と楽しめる情報のサイト~

幼稚園児3歳・4歳・5歳の子供の学習費!実際に支出してる金額は?

文部科学省が2年に1度調査を実施している「子供の学習費調査」からわかる幼稚園に通う3歳から5歳までの子どもを持つ家庭が支出している塾などへの学習費を調べてみました。

 

文部科学省の子供の学習費調査

f:id:tamajirooo:20200519234116j:plain

文部科学省が2019年12月に公表した「平成30年度(2018年度)子供の学習費調査」の調査結果で、幼稚園から高校までの15年間すべて私立に通った場合は約1,829万円かかり、すべて公立に通った場合の約541万円と比べて約3.3倍の差があったことが公表され、改めて公立と私立で大きな差がある子どもの学習費用が話題となりました。

 

文部科学省の「平成30年度(2018年度)子供の学習費調査」では、幼稚園から高校までの授業料などのほかに、幼稚園に通う3歳から5歳までの子どもの学習費も色々と調査されてましたので調べてみました。

 

幼稚園に通う3歳から5歳までの学習費総額

 

3歳から5歳の学習費

 

幼稚園に通う3歳から5歳の公立・私立別の年間学習費(平成30年(2018年))。

  公立 私立
3歳 188,342円 551,652円
4歳 217,121円 491,275円
5歳 243,625円 541,850円

※「平成30年度子供の学習費調査」(文部科学省)(https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/mext_00102.html)を加工して作成

 

学習費には、学校・幼稚園の授業料、給食費のほか、学校・幼稚園外での学習費用も含まれています。

 

公立幼稚園に比べると私立幼稚園は約2倍~3倍の学習費がかかっています。

 

幼稚園児の平均学習費の推移

 

幼稚園に通う3歳から5歳の平均学習費の年別推移。

f:id:tamajirooo:20200520145548j:plain

 ※「平成30年度子供の学習費調査」(文部科学省)(https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/mext_00102.html)を加工して作成

 

年ごとに若干の上下動はあるものの、公立幼稚園、私立幼稚園ともにそこまで大きなブレはなく、私立幼稚園の学習費が高い状況は変わらない。

 

幼稚園児の学習費の内訳(学校外活動費に注目)

 

幼稚園に通う3歳から5歳の平均学習費の公立・私立別の内訳(平成30年(2018年))。

  公立 私立
学習費総額 223,647円 527,916円
うち学校教育費
(授業料など)
120,738円 331,378円
うち学校給食費 19,014円 30,880円
うち学校外活動費
(補助学習費など)
83,895円 165,658円

 ※「平成30年度子供の学習費調査」(文部科学省)(https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/mext_00102.html)を加工して作成

 

学習費の中では授業料などが含まれる学校教育費の占める割合が最も大きいですが、次いで比率の大きい「学校外活動費」の中に家庭学習の費用などの「補助学習費」がありましたので深堀りしてみました。

 

幼稚園に通う3歳から5歳までの補助学習費(学校以外の学習費)

 

補助学習費

 

「補助学習費」については、下のように定義されており、学校で使用しない学校教育に関する費用として定義されています。

予習・復習・補習などの学校教育に関係する学習をするために支出した経費

ただし、学校で使用するものと共用のものは「学校教育費」とする

 

具体的に「補助学習費」は、学習机や椅子といった物品や図書費の「家庭内学習費」、通信教育を含む「家庭教師費等」、学習塾に通うための「学習塾費」で構成されています。

 

補助学習費の金額 

 

幼稚園に通う3歳から5歳の公立・私立別の年間補助学習費(平成30年(2018年))。

  公立 私立
3歳 12,673円 38,209円
4歳 22,823円 48,934円
5歳 26,478円 56,660円

※「平成30年度子供の学習費調査」(文部科学省)(https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/mext_00102.html)を加工して作成

 

3歳から年齢が上がるにつれて「補助学習費」は増えていきます。

 

「補助学習費」は幼稚園以外での学習費用ですが、「補助学習費」も私立幼稚園のほうが高い。

 

補助学習費のうち家庭教師費等

 

「補助学習費」のうち、幼稚園に通う3歳から5歳の公立・私立別の「家庭教師費等」(平成30年(2018年))。

  公立 私立
3歳 1,879円 4,822円
4歳 3,269円 4,291円
5歳 3,329円 6,111円

※「平成30年度子供の学習費調査」(文部科学省)(https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/mext_00102.html)を加工して作成

 

「家庭教師費等」には、家庭教師や通信教育の費用が含まれますが、幼児教育が広まってきたとはいえ、どの年齢の幼稚園児の家庭でも月1,000円を超える水準には至っておらず、まだまだ金額としては低い状況。

 

補助学習費のうち学習塾費

 

「補助学習費」のうち、幼稚園に通う3歳から5歳の公立・私立別の「学習塾費」(平成30年(2018年))。

  公立 私立
3歳 3,947円 19,694円
4歳 8,812円 32,396円
5歳 8,564円 29,570円

※「平成30年度子供の学習費調査」(文部科学省)(https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/mext_00102.html)を加工して作成

 

「学習塾費」は「家庭教師費等」に比べると高くなっており、特に私立幼稚園の場合には、4歳・5歳になると月2,000円以上支出しています。

 

ちなみに、小学生の「学習塾費」になると格段に高くなります。

  公立 私立
1年生 17,991円 114,452円
2年生 30,278円 121,978円
3年生 40,629円 162,612円
4年生 47,773円 257,528円
5年生 84,579円 384,113円
6年生 96,289円 485,494円

※「平成30年度子供の学習費調査」(文部科学省)(https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/mext_00102.html)を加工して作成

 

小学生に比べると幼稚園児の「学習塾費」は低いですが、実際にお金をかけている世帯もあるということがわかります。

 

「学習塾費」に実際にお金をかけてる割合は??

 

では、実際に幼稚園児の「学習塾費」は、どれくらいの人が、どれくらいお金を実際に支出しているのか。

 

「学習塾費」を支払っている金額水準別に、その金額を支払っている人数の割合を示した表。

  公立 私立
0円 88.2% 77.7%
~1万円未満 2.5% 3.8%
~5万円未満 4.1% 5.8%
~10万円未満 2.8% 4.7%
10万円以上 2.4% 7.9%

※「平成30年度子供の学習費調査」(文部科学省)(https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/mext_00102.html)を加工して作成

 

年に10万円以上の「学習塾費」を支出している猛者もいますが、調査結果でも「学習塾費」が「0円」の家庭の割合が、公立幼稚園で90%近い水準、私立幼稚園でも80%近い水準。

 

大半の家庭が3歳から5歳のときに学習塾に通わせていないというのは比較的実体にも近いものと思います。

 

一方で、学校とは直接的には関係ない「学習塾費」でも、私立幼稚園の家庭ほうが公立幼稚園の家庭よりも学習にお金をかけているところに、公立と私立の差が感じられます。

 

最後(焦らず学習以外も充実した生活を)

 

幼児教育は以前よりも浸透している印象があり、3歳から習い事に力を入れている家庭も増えてきていますが、実際の調査結果でもまだ大半の家庭は幼稚園のときから塾などに通わせていない結果が出ていました。

 

今回の3歳から5歳の調査対象は幼稚園の保護者であることから保育園に通う家庭を含めたり、エリアを首都圏などに絞った場合にはまた異なる結果が出るかもしれません。

 

ただ、3歳になったからといって焦らず、じっくり親も子どもも納得する習い事やツールを通じて子どもの学習を進められればと改めて感じました。

 

また、学習に限らず、新型コロナウィルスでいろいろ制限はありますが、屋外での自然体験や遊びなど、学習以外も充実した生活を送れれればと感じます。

 

一方で、20年前、30年前に比べると学習ツールは非常に充実しているのも事実ですので、子どもに有用なものがあれば積極的に取り入れていきたいとも思っています。

 

引き続き試行錯誤しながら子どもの学習ツールについて検討しようと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

3歳から習い事をはじめるべきかを検討したときの記事はこちら。

www.ikumensurfer-tamajiro.com

 

イクメンサーファーたまジロー