イクメンサーファーたまジローの日記

~東京の子供の遊び場~

安倍首相の緊急事態宣言の要旨とただの一般庶民としての感想

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、2020年4月7日(火)に行われた安倍首相による緊急事態宣言の要旨と感想を書いてみました。

安倍首相の緊急事態宣言の要旨

冒頭(医療従事者への謝意)

  • 医師、看護師、看護助手などの病院スタッフ、クラスター対策に携わる保健所や専門家、臨床検査技師への謝意

医療現場の危機的状況(国民生活への甚大な影響の恐れ)

  • 医療現場を守るため、あらゆる手を尽くす
  • 感染予防の医療物資について国内での増産を進めている。電機メーカーなど異業種の力も借りる
  • 軽症者や症状のない感染者は医療機関ではなく宿泊施設などで療養して医療機関の負担を軽減する。ホテルチェーンの協力で関東で10,000室、関西で3,000室を確保している。日本財団でも臨時の施設建設を進めている
  • 医療資源を重傷者対応に振り向けることで病院の機能維持を図る
  • 東京や大阪などの都市部で感染者が急増し、病床数は限界に近づいている
  • 医療従事者の肉体的・精神的負担も大きくなっており医療現場は危機的状況
  • 現状まだ全国的かつ急速な蔓延には至ってないとしても、医療提供体制が逼迫している地域が生じていることを踏まえれば時間の猶予はないとの結論に至った
  • 国民生活・国民経済に甚大な影響が生じる恐れがある

緊急事態宣言の対象範囲(7都府県)

  • 対象範囲は関東1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)と関西(大阪府、兵庫県)、九州(福岡県)
  • 最も感染者が多い東京都では、政府として今月中を目途に五輪関係施設を改修し、800名規模の軽症者を受け入れる施設を整備する予定
  • 必要があれば自衛隊などの医療スタッフを動員し、特別措置法第48条に基づく臨時の医療施設として活用することも可能であると考える

コロナウィルス感染状況と感染拡大を防ぐために必要なこと(行動変容)

  • 医療への負荷を抑え、感染者の数を拡大させないためには、なによりも国民の行動変容。つまり行動を変えることが大切。
  • 特別措置法の権限は都道府県知事が行使するものであるが、政府として、生活の維持に必要な場合を除き、みだりに外出しないよう要請すべきと考える
  • 事態は切迫している。東京都では感染者の累計が1,000人を超えた
  • 足元では5日で2倍になるペースで感染者が増加を続けており、このペースで感染拡大が続けば、2週間後には1万人、1ヶ月後には8万人を超えることになる
  • しかし、専門家の試算では人と人との接触機会を最低7割。極力8割削減することができれば、2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができる
  • そうすれば、爆発的な感染者の増加を回避できるだけでなく、クラスター対策による封じ込めの可能性も出てくる
  • その効果を見極める期間も含め、GWが終わる5月6日までの1ヶ月に限定して外出自粛をお願いする
  • 緊急事態を1ヶ月で脱出するためには、人と人との接触を7割~8割削減することが前提

企業・飲食店への要請

  • 社会機能を維持するために必要な職種を除き、オフィスでの仕事は原則自宅で行う
  • どうしても出勤が必要な場合もローテーションを組むなどによって出勤者の数を最低7割は減らす。時差出勤を行う。人との距離を十分取る
  • レストランなどでの営業にあたっても、換気の徹底、お客さん同士の距離を確保するなどの対策をお願いする

環境整備(初診でのオンライン診療も解禁) 

  • 学校休校が長期化するが、オンラインなどで学習できる環境整備を地域と協力して加速する
  • 電話・オンラインでの診療も初診も含めて解禁する。受診を我慢する事態が生じないようにする

3つの密(密閉・密集・密接)を避ける行動を要請

  • 生活必需品の買い物などで外出する場合には、密閉・密集・密接の3つの密を避ける行動を徹底するようお願いする
  • 今まで通り外に出て散歩したり、ジョギングすることは何ら問題ない
  • 3つの密がより濃厚に重なるバー、ナイトクラブ、カラオケ、ライブハウスへの出入りは控える
  • 集会やイベントを避け、飲み会はもとより家族以外の多人数の会食も控える
  • 感染症の恐ろしい点は、発熱などの症状が全く無いにも関わらず、感染している人が多いこと。知らず知らずのうちに周囲の人に移すことで拡大する点
  • すでに自分は感染者かもしれないという意識を若人を中心にすべての人に持ってほしい
  • 外出するときも人混みを避け、他の人との距離を保つ、飛沫を飛ばさないようにマスクをつけるなどの行動をお願いする
  • この行動が他の人の命を守ることになる。そして、ひいては自分の命を守ることになる

108兆円規模の経済対策

  • 世界経済だけでなく、日本経済が戦後最大の危機に直面している
  • GDPの2割に当たる108兆円の経済対策を実施する
  • 総額6兆円を超える現金給付を行う。1世帯あたり30万に加えて、次の児童手当支払いに合わせて1人あたり1万円を追加することで子どもが多い家庭の家計を下支えする
  • 事業者向けの給付金制度を創設した。売上が大きく減った中堅・中小法人に200万円、個人事業主に100万円支給する
  • 固定資産税も減免。消費税などの納税や社会保険料の支払いは1年間猶予。延滞金なし。26兆円規模の猶予を実施し、手元資金を事業継続に回せるようにする。
  • 民間の地方銀行、信用金庫、信用組合も、実質無利子・無担保の最大5年間元本返済据置の融資が受けられるようにする
  • 雇用調整助成金の助成率を過去最大まで引き上げる

都市封鎖・ロックダウンではない

  • 今回の緊急事態宣言は、海外に見られるような都市封鎖・ロックダウンを行うものではない
  • 今後も電車やバスなどの公共交通機関は運行する。道路を封鎖する必要性はない
  • 私達が恐れるべきは恐怖それ自体
  • SNSで広がったデマによってトイレットペーパーが店頭で品薄になった
  • SNSは本来人と人の絆を深め、社会の連帯を深め、社会不安を軽減する大きな力を持っていると信じるが、ただ恐怖に狩られ拡散された誤った情報に基づいてパニックを起こすと、ウィルスそれ自体のリスクを超える甚大な被害を経済、社会、生活にもたらしかねない
  • 専門家の見解では、東京や大阪での感染リスクは現状でも不要不急での外出を自粛して普通の生活を送る限り決して高くない。
  • 地方に移動するなどの動きは控えていただきたい。地方には重症化リスクの高いといわれる高齢者もたくさんいる

社会機能は維持する

  • 電気、ガス、通信、金融、ゴミの収集、焼却など、暮らしを支えるサービスは平常通りの営業を行う
  • 高齢者の介護施設、保育所もサービスを必要とする方々のためにも協力をお願いする
  • 食品など生活必需品の製造・加工・物流・小売店に関わるみなさんには営業を継続してもらう

ワクチン開発・治療薬の開発

  • ワクチン開発・治療薬の開発は進んでいる
  • アビガンはすでに120例を超える投与が行われ、症状改善に効果が出ているとの報告もある。観察研究の仕組みのもと、希望する患者への使用をできる限り拡大する考え。
  • アビガンの備蓄量を現在の3倍。200万人分まで拡大する。

 

<スポンサーリンク>

 

 

感想

 

全体的にわかりやすかった 

 

会見全体を通して論点がまとまっており、概要として理解しやすかった。

 

今回の緊急事態宣言により行動変容を促すことで目指している人と人との接触を減らす目標水準が7割~8割と示されたことも、現状認識と意識変化を促す意味で良かった。

 

また、その後の質疑応答において、諮問委員会の尾見会長が7都府県を対象とした説明について根拠を提示して説明しており判断指標が明示されたのは聞いてる人の理解を得やすかったと感じる。

 

散歩やジョギングは問題ない発言は何気に嬉しい

 

つまらない話だが、日常生活において気になっていた散歩などについて、安倍首相が「散歩やジョギングすることは何ら問題ない」と言ってくれたことは息詰まる生活を送っていた身としては嬉しい言葉だった。

 

感染リスクを考えれば当然大丈夫という意見もあるが、外に出ることが不謹慎という雰囲気になりつつもあった分、この言葉があったのはありがたい。

 

ただ、この言葉を受けて、公園などはこれまで以上に人が集まりそうなので、3密を避ける意味では気をつけたい。

  

課題はこれから(しばらく混乱は続く)

 

緊急事態宣言は出されたものの、具体的に日常生活に関わる行政や民間サービスがどう変わるかはわからない部分も多い。

 

実際に明日子どもの保育園は通常通り運営されるのかどうかも定かではない。

 

今週は色々なことで混乱すると思うが、緊急事態であるので寛容な心で対応していきたい。

 

たまジロー

 

<スポンサーリンク>