子供あそびレポ

~東京近郊の子供のお出かけスポット、子供と楽しめる情報のサイト~

東京23区保育園約50%が6月以降も休園・登園自粛!働けない親たち。。

5月22日に小池知事より東京の緊急事態措置の緩和に向けたロードマップが公表されて、具体的な学校再開のステップなどが示されましたが、5月22日時点で東京23区の約半数の区では保育園について6月以降も休園または登園自粛する方針を公表しており、現在のままでは緊急事態宣言が解除されても保育園に通う子どもを持つ家庭では働けない状況が続きそうです。

東京23区の保育園の運営方針

 

6月1日以降も休園・登園自粛の区

 

5月22日時点で東京23区では5月中に緊急事態宣言が解除された場合でも保育園を休園または登園自粛とする期限を「6月30日まで」または「6月1日以降も継続」としている区が11区あります。

5月31日までの区 12
6月1日以降も継続の区 11

23区のうち約半数の11の区がすでに6月1日以降も休園または登園自粛の方針。

 

各区の保育園の運営方針(5月22日時点)

 

5月に緊急事態宣言が解除された場合の各区の保育園の運営方針。

f:id:tamajirooo:20200523101146j:plain

  • 5月22日時点で東京23区のホームページで確認できた情報から作成
  • いずれも5月に緊急事態宣言が解除された場合の前提
  • 「登園自粛」は、保育園は開園するものの、原則として登園自粛を求め、保育が必要な場合には相談や書類の提出を求める区
  • 「原則休園」は、保育園の運営を原則として休園もしくは臨時休園するものの、社会生活を維持する上で必要なサービスに従事し仕事を休むことが困難な保護者などは個別に申請することで保育を受けることができる区

 

緊急事態宣言が解除された場合の各区の方針は大きく分けて「原則休園」、「登園自粛」もしくは「5月まで休園、6月以降は登園自粛」。

 

「5月31日まで」となっている区については、5月上旬から保育園の運営方針を更新していない区も多いため、週明けに他の区に合わせて6月1日以降も休園または登園自粛の方針とする区が増えるものと思います。

 

緊急事態宣言解除されても働けない親たち

 

小池知事の会見で東京の緊急事態措置の緩和に向けたロードマップが公表されたことで休業要請の緩和や学校再開へのステップが明示されたことは良かったですが、すでに保育園については6月30日まで「休園」または「登園自粛」の方針を打ち出している保育園が多い状況。

 

緊急事態宣言が解除されて東京の経済活動が再開しても、現在の各区の保育園の運営方針では経済活動の最前線にいる子育て世代は復帰できない可能性が高そうです。

 

<スポンサーリンク>

 

 

保育園は3密。だから早期に運用固めて段階的に再開

  

6月末まで「休園」や「登園自粛」を決めた区では保育園が3密になることを理由の1つとして挙げていることがあります。

 

実際にこれまでの保育園の運営方法では「密閉」、「密集」、「密接」の3密になる機会が多い場所 。

 

かといって、登園しない期間を1ヶ月設けたところで現在の新型コロナウィルスが収束する可能性は低く、今後は保育園においてもコロナを前提に運営が必要となることから、登園しない期間を設けるのではなく、3密を極力避ける運営体制の構築が必要と思います。

 

コロナに対応した保育園の運営を構築する上で、早期に運用を固めて段階的な登園を開始して欲しいと感じます。

 

一方で、保育園で3密を完全に避けれないことは明らかですので、子どもを預ける保護者もこれを承知のうえで保育を依頼することも大事と思います。

 

ベビーシッターは取合いに。。

  

5月22日に多くの区で保育園の運営方針が更新され、6月以降も保育園で保育を受けられないことがわかった方も多かったことから、ベビーシッターについては引き続き予約が取りづらい状況が継続しています。

 

ベビーシッターの利用料金について補助が受けられるか定かでないため、6月分のベビーシッターを予約することにためらいはありますが、現在のままだと、経済活動が再開しても子育て世代が仕事を休めないため、6月以降のベビーシッターを予約せざるを得ない状況にあります。

 

最後(保育園の早期再開を期待)

 

5月22日時点で東京23区の約半数の区では保育園について6月以降も休園または登園自粛する方針を公表していますが、東京の新規感染者数が減少傾向にあり、週明けには東京の緊急事態宣言が解除されて緊急事態措置の緩和も見込まれます。

 

保育園の運営については、学校同様、段階的な再開にならざるを得ないと思いますが、保育園に通う家庭の保護者の世代は経済活動の前線にいる年代が多いため、早期にコロナを前提とする運営方針を固めて段階的な保育園の運営再開をして欲しいと感じます。

 

保育園の状況については引き続き追い続けてみようと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

小池知事が東京の緩和に向けたロードマップを公表した際の会見要旨はこちら。 

www.ikumensurfer-tamajiro.com

 

今週のお題

 

イクメンサーファーたまジロー