イクメンサーファーたまジローの日記

~東京の子供の遊び場~

「晴海フラッグ」オリンピック選手村のコロナ対策への活用の課題

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて小池知事が東京オリンピックの選手村を感染者の一時滞在施設として活用する案が述べられましたが、既に選手村跡地のマンション「晴海フラッグ」を契約済みの方もいますので今後どうなるか気になるので記事にしてみました。

オリンピック選手村・晴海フラッグ

 

2020年7月に開会予定だった東京オリンピックの選手の宿泊棟や商業棟がある選手村はほぼ出来上がっており、 オリンピック選手村の跡地にはタワーマンションが建築されるほか、宿泊棟は改修後に住宅用のマンションとして販売が予定されており、合計で約5,600戸の住宅が整備される予定です。

f:id:tamajirooo:20200329174723j:image

また、住宅以外にも保育施設、小中学校、商業施設などの整備も進められ、「HARUMI FLAG(晴海フラッグ)」と名付けられている都市開発プロジェクトがオリンピック選手村のエリアにおいて進められてます。

 

また、既に一部のマンションについては販売が開始されており、契約締結済の個人の方もいらっしゃいます。

  

選手村を一時滞在先とする案は賛成

 

新型コロナウィルスの感染者が都内で急増していることから今後海外のように感染者のベッドの確保が今後課題となることから選手村を感染者の一時滞在先とする案自体は合理的で正しい判断と思います。

 

都内に新たに千人を超える収容施設はないですし、新たに建築するには時間を要することを考えると合理的な選択肢。

 

オリンピック選手村の気になる点

 

既にデベロッパーに売却した物件

 

ただ、気になる点としては東京都は既に選手村の土地をデベロッパーに売却済みであること。

 

権利関係的には東京都は現在所有者ではなく、前の所有者にとどまり、あくまで行政としての立ち位置にいる点。 

 

オリンピックの選手村として活用する際にもデベロッパーがIOCに物件を賃貸する形式で選手村として活用される予定でしたので、東京都が患者滞在先として使用する場合には現在の所有者であるデベロッパーから賃貸により借りなければなりません。

 

有事ではあるので賃借することはできるかもしれませんが、これにあたってはデベロッパーの協力が必要ですし、その後、選手村としても使用するため、選手村を借りるIOCの了解も必要そうです。

 

既に契約をして手付金を払ってる方もいる

 

また、今回気になるのは、デベロッパーは2019年からすでにオリンピック選手村跡地のマンション「晴海フラッグ」の売却を進めていたこと。

 

現在はオリンピックの延期に伴い「晴海フラッグ」の販売も行われていませんが、既に第1期に契約をして1,000万円前後の手付金を支払っている方もいます。

 

仮にコロナウィルス患者の一時滞在先として使用する場合には、使用後に消毒するとはいえ、既に購入される方にとっては契約時には想定していなかったことですので慎重な対応が必要です。また、コロナウィルスの一時滞在先とすることで物件の市場価値にも影響する可能性がありますが、今後物件を販売する際の金額にも影響した場合には、この場合にも既に購入された方への配慮が必要となります。

 

選手村建設用地は都が安価でデベロッパーに販売した疑いがあること

 

ついでに気になるのは、オリンピック選手村建設用地については安価で東京都がデベロッパーに売却した疑惑があり住民訴訟なども提起されていること。

 

実際に「晴海フラッグ」のマンション販売価格を調べたところ、新築マンションとして坪単価250万円~300万円でマンションが販売されているなか、棟によっては各専有部の土地の坪単価が約18万円程度と、土地の価格は建物の価格に比べてものすごく安い。

 

適正価格がいくらかはさておき、東京都が安価で選手村用地をデベロッパーに売却したと言われても仕方ないような土地の金額でマンションは販売されています。

 

こうした背景から、コロナウィルス対策費用を東京都が負担することは必要ですが、仮にデベロッパーの損失を東京都が負担するような場合には、選手村建設用地の売却金額の問題が再燃しそうです。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

最後(コロナ対策への選手村の活用は課題多し)

 

コロナウィルス対策費用として東京都が患者や感染予防のために費用負担することは必要と思いますし、オリンピック選手村をコロナウィルス感染患者の一時滞在先とする案については合理的な判断と思います。

 

ただ、選手村についてはこうした背景もありますので、都民として巡り巡って自身に返ってくることもありますので動向は見守りたいと思うニュースでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

オリンピック選手村の建設状況がわかる記事はこちら。

www.ikumensurfer-tamajiro.com

 

たまジロー   

 

<スポンサーリンク>