イクメンサーファーたまジローの日記

~東京の子供の遊び場~

コロナウィルス感染対策で外出自粛要請が出た週末前の東京都内の様子

東京での新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、東京都が初めて3月28日(土)と3月29日(日)の週末について外出自粛要請を行ったことに伴い、週末前の都内の様子を記録として書いてみました。

東京都の外出自粛要請

 

東京都における新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京都は3月28日(土)、3月29日(日)の週末の外出自粛要請を行い、これに伴い神奈川、千葉、埼玉、山梨などの他県でも住民に東京への外出自粛を求めるよう協力を呼びかけています。

 

初めての外出自粛要請を受けて週末前の都内の状況を記録として書き留めてみました。 

 

外出自粛の週末前の都内の様子など

 

買いだめ・買い占め再燃

 

外出自粛要請による不安の高まりから26日(木)より日用品や食料品の買い占め、買いだめが開始。

 

26日(木)の朝からドラッグストア、スーパーなどには開店前から長蛇の列ができ、トイレットペーパーやティッシュペーパーについて買いだめ・買い占めが発生。

 

近隣のスーパーなどでは、夜にはトイレットペーパーやティッシュペーパーだけでなく、肉、魚、野菜などの食料品全般も完全に売り切れており、店舗の棚が空っぽになるこれまで見たことない光景が広がってました。

 

27日(金)の朝も前日と同じくドラッグストア、スーパーには長蛇の列。前日と同じく食料品があっという間に売り切れとなる事態になってました。

 

27日(金)にはスーパーなどへの日用品購入は不要不急の外出には当たらないという小池知事からのコメントがありましたが、結果論として、外出自粛要請をする際に併せてこの点も周知されていれば週末前の買いだめ・買い占めはもう少し抑制できたように思います。

 

トイレットペーパーやティッシュペーパーについては店舗に戻りつつあった状況ですので、買いだめ・買い占めが再燃してしまったのは残念な感じ。

 

通勤電車はそれ程変わらず(まだまだ人はいる)

 

都内の通勤電車は、新型コロナウィルスの感染拡大以降、時差出勤・テレワークの拡がりにより混雑は以前より緩和された状態になっています。

 

週末の外出自粛要請によりさらに通勤電車の様子が変わるかと思っていましたが、この点については変化をあまり感じず、週末前の段階では比較的いつも通りの通勤風景が広がってました。

 

週明けにはもう少し風景が変わるかもしれませんが、在宅勤務が難しい業種もあるのでこれ以上の通勤時の変化はなかなか難しいのかなと感じました。

 

在宅勤務がさらに加速

 

ソニーがこれまで「推奨」としていた在宅勤務を「原則」とするなどさらに在宅勤務が加速する動き。

 

まだまだ全従業員が在宅勤務をするインフラまで整えている会社は少ないと思いますが、今回のコロナウィルス対策で良い意味での変化が生まれつつあるので、平常時に戻った後もこうした動きが進めば良いと感じます。

 

外で遊ぶ子供たち(週末前の遊び貯めか)

 

週末の外出自粛に備えて公園などで遊ぶ子どもの姿をよく見かけました。

 

もともと春休みの時期でもあり、子どもが外で遊ぶ風景自体はそこまで不思議ではありませんが、週末に外で遊べないこともあり、駆け回る子どもたちの姿が印象的でした。

 

来ないお客さんを待つタクシー(最近よく見る風景)

 

日中はコロナウィルスの感染拡大後とそれ程変わらない風景でしたが、夜になると、より人気が少なくなったと感じます。 

 

東京駅前の様子はこんな感じ。

f:id:tamajirooo:20200328053211j:image

写真は数日前のものですが、夜でも人が多い東京駅で人をあまり見かけないのは不思議でもあり、やや不気味でもあります。

 

また、東京駅に限らず写真と同じようにタクシーが都内の駅前などでずっと来ないお客さんを待ち続ける風景は最近増えたと感じます。

 

コミケ中止発表(評価すべき判断)

 

インターネット上で反響が大きいのがゴールデンウィークにビックサイトで予定されていた「コミックマーケット98」の開催中止。

 

コミックマーケットには非常にお多くのお客さんが来場するだけでなく、開催日前日から近隣宿泊施設や漫画喫茶でさえも満席となるくらい人が密集するため仕方ない判断。

 

むしろ、4月に入る前からゴールデンウィークのイベントについて決断をしたことは評価できる対応と思います。

  

最後(都内は意外とこれまで通り動いてた)

 

外出自粛前とあって不安も煽られたことから日用品や食料品の買い占めは起きましたが、それ以外の都内の日常風景はそれほど大きな変化はない印象。

 

良くも悪くも経済活動は減速しながらも人々はこれまで通り稼働していました。

 

外出自粛に伴い子育て世帯は子供との2日間の巣ごもりに耐えられるか不安ですが、海外の状況を見ていると、こうしたことで悩んでる時点で楽観的過ぎると思われそうですが、これ以上事態が深刻化せずにより早く平常時に戻れるように週末は外出自粛に努めようと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

イクメンサーファーたまジロー   

 

<スポンサーリンク>