イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

「物流博物館」意外と遊べる品川のキッズスペース付博物館

品川にある「物流博物館」に3歳の長女と0歳の次女と一緒に遊びに行ってみました。

「物流博物館」とは?

 

「物流博物館」は、物流の歴史や現代の物流に関する各種展示がある博物館で、館内では江戸時代などの物流に関する各種展示があるほか、子どもがゲーム形式で物流を学べるシミュレーションゲームや物流に関わる乗り物のおもちゃがあるキッズスペースもあります。

 

ホームページはこちら。

物流博物館

 

場所・アクセス

 

「物流博物館」の場所はこちら。

最寄り駅の「高輪台駅」から徒歩5分ほどの場所にあります。

 

「品川駅」からも徒歩10分程度で行くことはできますが登り坂ですので、品川駅から行くのはあまりオススメしません。

 

ちなみにわが家は品川駅からベビーカーを押して登り坂を登って行きましたのでいい汗をかきました。

 

入場料金(割安)

 

入場料金は高校生以上200円で、中学生以下は無料です。 

 

これで運営できるのかという値段の安さですが、さらに割引チケットもあります。

 

割引チケットは「こちら」

 

外観

 

「物流博物館」はこちら。

f:id:tamajirooo:20190306224950j:plain

茶色の建物が目印。

 

<スポンサーリンク>

 

 

館内の様子

 

入口(CARGO君が待っている)

 

「物流博物館」の入口に入ると、「物流博物館」のマスコットキャラクター「CARGO(カーゴ)君」が待ち受けています。

f:id:tamajirooo:20190306224951j:plain

長女は早速パシャリ!

 

2等身のキャラクターは全般的に幼児に人気。

 

1F(物流の歴史)

 

1Fには物流の歴史に関する展示があり、江戸時代のモノの運び方などに関する各種資料や展示品がありました。

 

しかし、長女は興味が無いようであっという間に次のコーナーへ。。。 

 

地下1F(ゲーム・キッズスペースがある)

 

地下1Fには物流に関わる各種乗り物・設備などの映像があるほか、子どもが物流をわかりやすく学ぶためのゲームなどがあります。

 

こちらは物流ターミナルの1日の風景を一望できるスポット。

f:id:tamajirooo:20190306224953j:plain

 

しかし、すぐに飽きてしまい、隣りにある物流に関するビデオ映像のコーナーで一生懸命画面を見ていました。

f:id:tamajirooo:20190306224954j:plain

このコーナーは文字が読める小学生くらいの方がよりいい感じ。

 

そして地下1Fの奥にはキッズスペースがあります。

f:id:tamajirooo:20190306224959j:plain

鉄道などのおもちゃがたくさんあります。

 

3歳の長女だけでなく0歳の次女も遊べるのはありがたい。

f:id:tamajirooo:20190306224957j:plain
f:id:tamajirooo:20190306224958j:plain

絵本だったり貸衣装なんかもありました。

 

ほかにも、物を運ぶ流れを学べるシミュレーションゲームがありました。

f:id:tamajirooo:20190306224956j:plain
f:id:tamajirooo:20190306225000j:plain

実際にコントローラーを操作して荷物を国内外に運びます。

 

時間制限などはありませんでしたので、なんだかんだで閉館まで遊びました。 

 

<スポンサーリンク>

 

帰りのお土産(ペーパークラフト)

 

帰りに1Fの受付ではダンボールで作れる乗り物や船のペーパークラフトなどを安価で購入することができます。

f:id:tamajirooo:20190306225002j:plain

こちらは展示されている完成品。自宅で一緒に作るのも楽しそうな感じでした。

 

感想(意外と知られてない子連れスポット)

 

2Fの図書コーナーなどは遊びに行った日は利用されており訪問できませんでしたが、幼児が楽しめる地下1Fでたっぷり遊べました。

 

今回遊びに行った日は土日でしたが「物流博物館」内は閑散としており、見学に来ている方も子連れは少なく、物流に興味を持つマニアックな感じの大人の方が多かったですが、その分たっぷり長女と次女はキッズスペースで遊ぶことができました。

 

安価でいろいろ遊べますので品川駅近隣で遊び場所に困った時には立ち寄ってみる価値があるかなと思う子連れファミリーも楽しめる博物館でした。

 

引き続き子どもと楽しく過ごせる場所をいろいろ巡りたいと思います。 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「物流博物館」のチケットはこちらで購入できます。

「asoview!」

 

イクメンサーファーたまジロー   

 
<スポンサーリンク>