イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

0歳の赤ちゃんの夜泣き対策で買って良かったアイテム

0歳の次女の夜泣きがあった際に授乳以外の手段で寝かしつけする時に助けられた買っておいて良かったアイテムを取り上げてみました。

1.バランスボール

 

1番は「バランスボール」。

ギムニクフィットボール55【バランスボールフィット55】

子どもが泣いた際には抱っこして上下左右など動きながらあやしたりしてますが、なんだかんだで抱っこしながら動き続けるのはかなりの負担。

 

長時間抱っこしながら動き続けていると腕も腰も足も非常に疲れますので、抱っこしながら「バランスボール」に乗って、「バランスボール」の反発の揺れを使ってあやすことで身体の負担を軽減できます。

 

最初は抱っこしたまま「バランスボール」に乗ることに不安はありましたが、慣れれば問題なく「バランスボール」に乗りながらあやすことができます。

 

寝かしつけまで長時間必要な場合は特に身体の負担が大きく軽減されます。

 

子どもが生まれる前は「バランスボール」には縁がありませんでしたが、育児で活用することになるとは思いませんでした。

 

わが家が使ってる「バランスボール」はこちら。

 

2.クッション

 

続いては丸型の「ビーズクッション」。

fabrizm 日本製 60丸ビーズクッション 直径60cm×高さ30cm 10色展開 オックス ネイビーブルー 1381-bl

こちらも子どもが生まれるまでは縁がなかったクッション。

 

非常に柔らかく面積も広いので子どもを抱っこしながら大人もねっ転がれます。

 

「バランスボール」で寝かしつけが成功してもベットや布団に寝転がすと泣いてしまう場合などに子どもにより深く寝てもらうために、抱っこしたまま大人もねっ転がって休む際に活用してます。

 

ただ、「人をダメにするクッション」と言われるだけあって、たまに(頻繁に)「ビーズクッション」で寝落ちして気づいたら寒いリビングで次女と一緒に過ごすみたいなことがありますので注意が必要です。

f:id:tamajirooo:20190302032818j:plain

 わが家が使ってる「ビーズクッション」はこちら。

3.おしゃぶり

 

そしてわざわざ取り上げるまでもないかもですが、なんだかんだで活躍してくれたのが「おしゃぶり」。

レック AN おしゃぶり (アンパンマン) M (月齢 3~6ヶ月)

長女のときは嫌がってたので使用しませんでしたが、次女のときは非常に助けられました。

 

泣いたときにとりあえず口に含ませると泣き止むことが多かったです。

 

ただ、わが家の場合には次女がおしゃぶりに慣れてしまい、突然おしゃぶり攻撃が効かない時が訪れた際はだいぶ苦戦しましたが、一定期間はかなり重宝したアイテムでした。

 

わが家が使用している「おしゃぶり」はこちら。

 

最後

 

他にも寝かしつけ用の機械として電動ベビーラックもありますが、わが家の場合には長女・次女ともパパママの人肌でないと泣き出す状態でしたし、家のスペースの問題もあって購入しませんでした。

コンビ ベビーラック ネムリラ AUTO SWING エッグショック BE ココアブラウン 新生児~4才頃対象 サイレントスウィング機能搭載

 

今回取り上げたグッズを使ってもそう簡単に泣きやまないことも多々ありますが、こうしたグッズを通じて少しでも育児における精神的・肉体的な負担が軽減されればと思います。

  

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

イクメンサーファーたまジロー   

 
<スポンサーリンク>