イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

「ドラえもんミュージアム」3歳の誕生月バースデーお祝いサービス

1月に3歳になった長女のために誕生月のお祝いサービスがある「藤子・F・不二雄ミュージアム(ドラえもんミュージアム)」に遊びに行ってみました。

「藤子・F・不二雄ミュージアム」とは?

 

「藤子・F・不二雄ミュージアム」は、「ドラえもんミュージアム」とも言われている「ドラえもん」を中心に「藤子・F・不二雄」先生の原画などが展示されている他、ほか、「ドラえもん」、「キテレツ大百科」、「オバケのQ太郎」などの代表作のキャラクターと遊ぶことができるミュージアムです。

 

以前「ドラえもんミュージアム」に遊びに行った際の記事はこちら。

www.ikumensurfer-tamajiro.com

2才児が楽しめたスポットを網羅的にまとめた記事です。 

  

場所・アクセス

 

「藤子・F・不二雄ミュージアム」の場所はこちら。

「登戸駅」から有料の直通バスで10分ほどの場所にあります。

 

直通バスは「ドラえもん」などのキャラクターが描かれていますので子どもたちは喜びます。

f:id:tamajirooo:20190201202902j:plain

バスの外観は何種類かありますので、行きと帰りで違う種類のバスを楽しめることもあります。 

(前回は黄色のバスでした。)

 

ちなみに、ミュージアムに駐車場はありません。

 

入場方法・入場時間

 

「藤子・F・不二雄ミュージアム」は、日時指定の予約制となっており、事前にローソンでチケットを購入する必要があります。

 

事前にローソンでチケット受け取りが必要ですのでやや面倒さを感じます。

 

退場時間について閉館時間以外の制約はありませんが、予約した入場時間から30分間が入場時間となっています。 

 

入館料(3歳まで無料)

 

ミュージアムの入館料はこちら。

 

 大人・大学生    1,000円

 高校・中学生     700円

 子ども(4歳以上)    500円

 子ども(3歳以下)   無料

 

今回は私と3歳の長女で入場しましたので、2人で1,000円。

 

ミュージアムのサービス内容と長女の満足度からすると十分安いお値段。

 

藤子・F・不二雄ミュージアムのバースデーサービス

 

サービス概要

 

「藤子・F・不二雄ミュージアム」では誕生日の月の子ども向けに「バースデーカード」と「バースデーステッカー」をプレゼントしています。

 

以前は誕生日当日の子どものみを対象としていたようですが、2016年11月から受付カウンターで誕生月である旨を伝えると誕生月の子ども全員を対象として、配布するようになったとのこと。

 

サービスの詳細はこちら。
fujiko-museum.com

 

バースデーカードとステッカー

 

誕生月にもらえるバースデーカードはこちら。


f:id:tamajirooo:20190105150231j:image

f:id:tamajirooo:20190105150226j:image

 

そして、バースデーステッカーはこちら。

f:id:tamajirooo:20190201202847j:plain

すぐに自分で胸元にシールをつけていました。

 

ステッカーをつけてるとスタッフの方がお祝いしてくれます。

 

バースデー特典サービスを希望する場合には受付カウンターで誕生月の旨を伝えれば頂くことができます。

 

入場時の受付カウンターはバタバタしていて忘れがちになります。

 

実際に私も入場した後に気づいてカウンターまで戻ってバースデーカードなどをもらいました。

 

ミュージアム入口

 

こちらがミュージアム入口。

f:id:tamajirooo:20190201202844j:plain

少し遅れて到着すると比較的空いてます。

 

ミュージアム入口付近の展示コーナーは正月らしい仕様になってました。

f:id:tamajirooo:20190201202846j:plain

案内板も2019年をお祝いする正月らしい雰囲気

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

今回楽しんだミュージアム内のスポット

 

ミュージアム内の主なスポット

 

「藤子・F・不二雄ミュージアム」には主に下の各コーナーがあります。 

  • 「藤子・F・不二雄」先生の原画などが見学できる展示コーナー
  • 遊具、漫画、おもちゃなどで遊べる室内遊び場
  • 開放感ある屋外でキャラクターと遊べる屋外遊び場
  • ドラえもんなどをテーマーにしたキャラクターカフェ

 

今回の記事では長女が3歳になって特に楽しんだスポットを取り上げます。

 

ミュージアム内の各スポットについてはこちらの記事でまとめています。

www.ikumensurfer-tamajiro.com

 

まんがコーナー(ダラダラ空間)

 

こちらが「まんがコーナー」。

f:id:tamajirooo:20190201202849j:plain

みんなが漫画に夢中。ややダラダラ感が漂ってます。

 

そんな中、保育園で絵本なども読み慣れてきた長女は一丁前に漫画を広げてました。

f:id:tamajirooo:20190201202848j:plain

まだ文字が読めないので漫画の中でドラえもんを見つけて喜んでました。 

 

はらっぱ(屋外遊び場)

 

そして、1番楽しんでたのは屋外遊び場の「はらっぱ」。

f:id:tamajirooo:20190201202850j:plain

 

「どこでもドア」だったり、映画にもなった恐竜だったりと、遊びに来るたび毎回楽しんでます。

f:id:tamajirooo:20190201202859j:plain
f:id:tamajirooo:20190201202856j:plain

 

長女と同じくらいの大きさの「ドラミちゃん」や「コロ助」に会えるのも魅力です。

f:id:tamajirooo:20190201202857j:plain
f:id:tamajirooo:20190201202858j:plain

長女も久しぶりの対面に喜んでました。

 

そして、前回遊びに来たときに混雑しすぎて遊べなかった「空き地のどかん」

f:id:tamajirooo:20190201202851j:plain

今回も1月の寒空の下ながら行列ができてましたが、前回ほどではなかったので待つこと10分ほど。

 

ようやく写真が撮れました。

f:id:tamajirooo:20190201202853j:plain
f:id:tamajirooo:20190201202852j:plain

子どものパターンとして、「ドラえもん」に抱きつくか、「どかん」に登るかのどちらか2種類のパターンが多かったです。

  

 

感想(いつ来ても子どもが喜ぶ場所)

 

約1年ぶりの訪問でしたが長女の成長ぶりも見ながら楽しめました。

 

久しぶりに来ても子どもが喜ぶ場所で、ドラえもんの人気ぶりを再認識しました。

 

誕生日のお祝いサービス自体はそこまで感動があるものではありませんが、何度来ても子どもが喜ぶ施設ですので遊びに連れてきて良かったなと思える場所でした。

 

都心部からはやや離れた場所にありますが、暖かくなってきた頃にまた遊びに行きたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

子どもの誕生日のお祝いサービスがある施設やレストランをまとめた記事はこちら。
www.ikumensurfer-tamajiro.com

少しずつ今年分もこちらの記事に反映する予定です。 

  

イクメンサーファーたまジロー   

 
<スポンサーリンク>