イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

古本の中古買取サイトの買取査定価格ランキング(ビジネス書籍)

家に溜まった古本を宅配買取サービスで売る際に、事前にネットで価格査定可能な古本買取サイトで買取査定価格を比較して売ってみました。

ネットで買取査定をした本(ビジネス関連)

 

今回ネットで事前に買取価格の簡易査定をした本は、ここ2、3年に出版されたビジネス書を中心とした書籍10冊。

 

どの書籍もSNSなどでも取り上げられてたりして書店でも見かける機会の多い書籍たち。 

 

 

中古買取サイトの事前の買取査定価格ランキング

 

先ほどの書籍を事前にネットで買取価格の簡易査定をした際の買取査定価格の合計金額のランキングはこちら。 

順位 買取サービス 買取査定価格
1位 ブックオフ 4,110円
2位 楽天買取 2,985円
3位 あおば堂 2,790円
4位 BOOK RIVER 2,750円
5位 ネットオフ 2,610円
6位 エコブックス 2,001円
7位 アップサイド 1,815円
8位 リコマース 1,410円

バーコードナンバー、ISBNなどの書籍に記載されている番号で簡単に買取金額を調べることができる中古買取サイトで比較してみました。

 

なお、上記の買取金額は、ネットで簡易査定をした日の金額ですので、現時点で簡易査定した場合の金額と異なる場合があります。

 

各買取サービスの得意分野の違いからジャンルによって買取価格も変わるものと思いますが、10冊の書籍だけで1位のブックオフ と8位のリコマースでは2倍以上の金額差となりました。

 

 

実際にブックオフの宅配買取サービスを利用した結果(事前の価格査定通り) 

 

この価格の比較の結果、実際にブックオフの宅配買取サービスを利用して買取をしてもらいました。

 

ブックオフでは買取結果として各書籍別の買取価格の内訳明細を買取依頼者に公表しています。

 

買取結果は事前の簡易査定の結果のとおりの値段で各書籍を販売することができました。

 

最初は簡易査定の買取価格の値段を少し高めに設定してお客さんを呼び込む作戦かなと思いましたが、実際に簡易査定通りの値付けをされていましたので安心しました。

 

 

今回利用した事前に価格査定できる宅配買取サービス

 

1位 ブックオフ(4,110円)

 

1位の「ブックオフ」

 

誰もが知ってる古本屋さん「ブックオフ」の宅配買取サービス。

 

買取対象商品は、一般流通している古本やCD・DVD・ゲーム・スマホ。

 

以下のいずれかを満たしていれば宅配買取サービスの利用が可能です。

  • 本10点以上
  • ゲーム・DVD・CDのいずれかが3点以上
  • 買取価格1,000円以上の商品1点
  • スマホ・ケータイ1点

 

ネット上の簡易査定画面も今回の8つのサービスの中で1番操作しやすかったです。

 

2位 楽天買取(2,950円)

 

2位の「楽天買取」

 

楽天が展開する買取サービスですが、楽天が直接買取をしているわけではなく、「楽天買取」に登録している買取業者の中から自ら選んで買取を申し込みできるサービス。

 

「楽天買取」には「ブックオフ」や「ネットオフ」などの今回比較しているサービスもありますので、本来、今回比較している買取サービスと同列で比較するサイトではありませんが、買取価格を事前に調べることができますので掲載しました。

 

「楽天買取」で買取価格を調べると、「楽天買取」に登録しているサイトの中で最も買取金額が高いサイトの買取価格が表示されます。

 

ただ、不思議なことに「ブックオフ」の簡易査定で買取金額が表示される書籍が「楽天買取」の買取価格の検索では表示されない or 「ブックオフ」での簡易査定の方が買取金額が高いことがあります。

 

理由はわかりませんが、「楽天買取」に登録してるサイトの中で最も買取金額が高いサイトが表示されることから構造的には「楽天買取」の買取価格の方が「ブックオフ」の買取価格よりも高い結果になりそうですが、こんな感じで結果的に「ブックオフ」が1番高い買取価格となりました。

 

「楽天買取」では、楽天スーパーポイントがついたり、買取業者によってはキャンペーンなども行ってますので、単純に買取金額の結果だけで良し悪しが決めれませんが、買取価格が高いサイトが「楽天買取」に登録してる場合には「楽天買取」を利用するのがいいのかなと思います。

 

 

3位 あおば堂(2,790円)

 

3位の「あおば堂」。

 

今回比較したサービスの中では高めの買取価格の水準。

 

買取対象商品は、本・CD・DVD・ゲーム。

 

本・CD・DVD・ゲームのいずれか合計20点以上から佐川急便を利用時に限り送料無料となっています。

 

買取結果については、タイトル毎に査定額の詳細を確認できます。

 

 

4位 BOOK RIVER(2,750円)

 

4位の「BOOKRIVER」

 

専門書・医学書・ビジネス書等の買取を主に取り扱っている本買取専門店。

 

3位の「あおば堂」と僅差の買取価格。

 

「BOOK RIVER」も買取結果をタイトル毎に査定額の詳細を確認できます。 

 

5位 ネットオフ(2,610円)

 

5位の「ネットオフ」

 

リネットジャパングループの「ネットオフ」。

 

「ネットオフ」では、本・CD・DVD・ゲームのほか、ブランド品(バック、財布、服、時計など)、金・プラチナ、デジタル家電などが買取対象となってます。

 

本・CD・DVD・ゲームについては30点から売ることができます。

(ゲームソフトの場合は3点からでも可)

 

他のサービスと比べるとやや最低販売点数が多い印象。

 

「ネットオフ」のホームページは「こちら」

 

6位 エコブックス(2,001円)

 

6位の「エコブックス」

 

今回買取り査定した中ではエコブックス以下から金額が大きく落ちました。

 

大学で使用した参考書・専門書なども買取可能なサービス。

 

送料が無料となる基準は「1箱につき30点以上からとなっており、30点未満の場合は実費負担となります。 

 

7位 アップサイド(1,815円)

 

7位の「アップサイド」。

 

買取対象商品は、本・CD・DVD・ゲーム。 

 

商品1点だけでも送料無料・振込手数料も無料となってるのはありがたい。

 

「アップサイド」のホームページはこちら。

本・古本買取、査定相場比較のアップサイド

 

8位 リコマース(1,410円)

 

8位の「リコマース」 。 

 

今回買取り査定した中では1番金額が低かったリコマース。

 

Amazonと連携している宅配買取サービスであり、Amazonアカウントで利用できる点が便利な宅配買取サービス。

 

対象商品は、アマゾンで売っている商品を中心に約60種類と対象商品は多い感じ。

 

商品点数も1点から買取りを対応してもらえるのがありがたいです。

 

一方で、買取代金はAmazonギフト券のみとなっており、銀行振込やその他の支払い方法には対応してない点で利便性が悪い部分もあるサービスです。

 

 

感想(古本売るのも手軽になった)

 

そんなこんなで、10年以上前は古本は古本屋さんに自分で持って行ったりなど時間を取られるものでしたが、ネットが普及して効率化・省力化が進んでることから短時間で手間をほとんどかけずに自宅に溜まった書籍を処分できるようになりました。

 

事前の簡易査定サービスがない宅配買取サービスは他にもいろいろとありますが、個人的には事前に簡易査定できるほうが目安がわかりますし、今回利用したブックオフの宅配買取サービスは簡易査定通りの金額で買い取ってもらえましたので(ブックオフ以外のサービスは検証できていません)、簡易査定サービスがついている宅配買取サービスの方が売り手としてはありがたいサービスかなと思います。

 

古本の買取りを検討をしている方の参考になればと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

イクメンサーファーたまジロー

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

<スポンサーリンク>