イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

喉にピリッとくる「銀座のジンジャー」の生姜かき氷

生姜のかき氷があると聞いて、銀座一丁目にある「銀座のジンジャー」にかき氷を食べに行ってみました

「銀座のジンジャー」とは?

 

「銀座のジンジャー」は、生姜専門店が運営するカフェで、生姜のかき氷を楽しめるほか、生姜シロップなどの生姜関連の商品を購入できる販売コーナーもあります。

 

「銀座のジンジャー」の食べログの紹介ページはこちら。

tabelog.com

 

 

場所・アクセス

 

「銀座のジンジャー」の場所はこちら。

最寄り駅の「銀座一丁目駅」から徒歩5分程度の場所にあります。

 

 

予約・混み具合(予約はできない)

 

「銀座のジンジャー」のカフェコーナーは予約ができませんので、来店した順番に案内されます。

 

訪問した日は30分ほど待って入店できましたが、日によっては1時間以上待つこともあるとのことです。

 

 

お店外観

 

お店はこちら。

f:id:tamajirooo:20180815205042j:image

かき氷と爽やかなジンジャーの旗が目印。 

 

 

店内の様子

 

店内は半地下と2階席の2階層となっています。

 

地下は生姜関連商品の販売コーナー。

f:id:tamajirooo:20180815174354j:plain

「生姜」と聞いて私が勝手に思い浮かべる野菜イメージとは違ったオシャレな店内。

 

ジンジャーのシロップなどが販売されています。

f:id:tamajirooo:20180815174408j:plain

 

 

カフェコーナーは階段を登った2階にあります。

f:id:tamajirooo:20180815205100j:image

カフェコーナーにベビーカーを持っていくことはできず、預けないといけない点は子連れにはややネックです。

 

2階の様子はこちら。

f:id:tamajirooo:20180815174922j:plain

手前側と奥側にそれぞれ席が設けられていますが、それほど席数は多くない感じ。

 

<スポンサーリンク>

 

 

カフェメニュー(今はフードメニューはなし)

 

メニューはこちら。 

f:id:tamajirooo:20180815175240j:plain

ジンジャーミルクを使ったかき氷。

 

季節限定のかき氷メニューもあります。

f:id:tamajirooo:20180815175147j:plain

以前はパンケーキなどのフードメニューもあったようですが、18年8月時点ではかき氷などの軽食のみでフードメニューはありませんでした。

 

 

生姜のかき氷(喉にピリッとくる生姜のかき氷)

 

今回は季節限定の「本気生姜2018」を注文。

f:id:tamajirooo:20180815175818j:plain

 

 

次女の頭よりデカいボリュームたっぷりなかき氷。

f:id:tamajirooo:20180815175954j:plain

まろやかなジンジャークリームも一緒に頂きましたが、喉越しがピリ辛で、辛めのジンジャーエールを飲んでるような感覚。

 

 

また、欧州産イチゴ「センガセンガナ」とジンジャーを組み合わせた「センガセンガナ」も注文。

f:id:tamajirooo:20180815175512j:plain

 

 

イチゴをかけるとこんな感じ(綺麗にはかけれなかった。。。)

f:id:tamajirooo:20180815175554j:plain

先に「本気生姜2018」を食べてしまったので、「センガセンガナ」にも生姜は使われてましたが、あまりジンジャーを感じられず、イチゴのシロップが甘い美味しいかき氷に感じました。 

 

 

感想(身体に良さげなピリ辛かき氷)

 

かき氷なので生姜が使われてるからといって身体が暖まることはありませんでしたが、生姜たっぷりなのに美味しく、身体にもよさげなかき氷を食べれたカフェでした。

 

ジンジャーエールのピリ辛の喉越しが好きな方はハマりそうだなと思います。

 

気になるグルメなお店もいろいろ巡ってみたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

イクメンサーファーたまジロー

   
 
<スポンサーリンク>

 

 

<スポンサーリンク>