イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

大行列の大塚のおにぎり専門店「ぼんご」具材の組み合わせが楽しい

東京都豊島区の大塚に行列ができるおにぎり専門店があると聞き、おにぎり専門店「ぼんご」に行ってみました。

おにぎり専門店「ぼんご」とは?

 

おにぎり専門店「ぼんご」は、カウンター席で作りたてのおにぎりを食べることができるおにぎり専門の飲食店です。

 

多くのおにぎりの具材を取り揃えており、トッピングとして2種類の具材を組み合わせたおにぎりも楽しむこともできます。

 

ホームページはこちら。

www.onigiribongo.info

 

 

場所・アクセス

 

おにぎり専門店「ぼんご」の場所はこちら。

最寄り駅の「大塚駅」から徒歩5分程度の場所にあります。

 

 

混み具合(ものすごい行列)

 

1回目のトライ(行列に圧倒される)

 

初めての訪問は平日13時過ぎにお店の前に到着。

 

しかし、この混み具合。

f:id:tamajirooo:20180525070848j:plain

あまりの行列に圧倒されました。

 

行列で待ってる方が進むスピードも遅めでしたので、この日は諦めました。

 

 

2回目のトライ(雨の日も混む)

 

そして2回目の訪問は雨の平日14時。それでも10名待ち。

 

前回よりはマシかなと思い、並んで待つこと20分。

 

ようやく入店できました。

 

 

お店の外観(辿り着くまでが長い)

 

お店の外観はこちら。

f:id:tamajirooo:20180523141903j:image

行列に並ぶと、ここに辿り着くまでが長い。。。

 

  

店内の様子(L字型のカウンター)

 

店内はL字型のカウンターになっています。

f:id:tamajirooo:20180525204449j:plain

座席は10名強座れる感じでしたが、持ち帰りのために店内で座って待っている方も数名いました。

 

店内では、店内で食べるお客さん分とお持ち帰りのお客さん分を同時に作っていたので、あらかじめお持ち帰り用は作りだめしておくなどしておいた方が店内で食べるお客さんももう少し早く回転しそうな印象でした。

(その分、お持ち帰り用の質が落ちるかもですが。。。)

 

<スポンサーリンク>

 

 

平日ランチ

 

メニュー(平日限定セットメニューあり)

 

メニューはとりあえずたくさん。

f:id:tamajirooo:20180524224620j:image

初めて訪問した方は何を頼んだらいいのやらと思うほどおにぎりの具材メニューが沢山あります。

 

平日には平日ランチ限定のおにぎりとみそ汁のセットメニューとして

 

 「2個とうふセット(570円) 」

 「3個とうふセット(820円) 」

 

の2種類があります。

 

いろいろ食べたかったので「3個とうふセット(820円)」を注文。

 

店内にはおにぎりの具のオススメなども掲示されています。

f:id:tamajirooo:20180524224724j:image

種類が多くて何を食べたらいいかわからなかったので、トッピングも追加してトッピングベスト10の上位3個を注文。

 

 

注文したおにぎり(トッピング付にしてみた)

 

注文してから待つこと5分ほど。

 

「3個とうふセット(具材トッピング付)」が到着!

f:id:tamajirooo:20180524224825j:image

おにぎりは左から

  豚キムチ+納豆

  卵黄+肉そぼろ

  すじこ+さけ

となっています。

 

また、みそ汁も+100円プラスして「なめこ汁」に変更してみました。

 

 

おにぎりを持ってみると、、

f:id:tamajirooo:20180525071941j:plain

1個がけっこう大きく、ずっしり。

 

おにぎり2個のセットでも十分な量でしたが、握りたてのおにぎりの温かいご飯とトッピングの具材がいい感じでマッチしていて美味しかったです。

(また食べ過ぎてしまった。。。)

 

今回注文した具材の中では「卵黄」が美味しかったですが、ほかの具材の組み合わせを試してみるのも楽しそうだなと思いました。

 

 

感想(自分好みのおにぎりを見つけたい)

 

ボリュームあるおにぎりも美味しかったですが、いっぱいある具材の組み合わせも楽しむことができましたので、また行きたくなるお店でした。 

 

もう少し行列がどうにかなって欲しいなと思いますが、また行列が短そうな日を狙って食べに行きたいと思います。

 

引き続きいろいろと美味しそうなお店を巡りたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

イクメンサーファーたまジロー

 

<スポンサーリンク>