イクメンサーファーたまジローの日記

~子どもと遊ぶを楽しむ~

子ども向け施設「ラズーン」ラゾーナ川崎がより子連れフレンドリーに

「ラゾーナ川崎」のリニューアルに伴い、「ラゾーナ川崎」内に新たにオープンした親子向け施設「LaZooN(ラズーン)」に行ってみました。

「LaZooN(ラズーン)」とは?

 

「LaZooN(ラズーン)」は、「ラゾーナ川崎」の5階にオープンした屋外テラス(ラズーンテラス)と屋内遊び場(ラズーンパーク)の親子向けの2つのエリアです。

 

ちなみに、「LaZooN(ラズーン)」の由来は、「LAZONA(ラゾーナ)」と「ZOO(動物園)」の組み合わせとのことで、屋外テラスの「ラズーンテラス」には可愛らしい動物のオブジェや動物の絵本があり、子どもたちが楽しみながら遊ぶことができます。

 

「ラゾーナ川崎」内にある「ラズーン」の案内看板はこちら。

f:id:tamajirooo:20180504151253j:image

 

 

場所・アクセス

 

「ラズーン」がある「ラゾーナ川崎」の場所はこちら。

「ラゾーナ川崎」は最寄り駅の「川崎駅」に直結しています。

 

 

利用料金

 

「ラズーン」については、いずれも入場料などの利用料金はなく、無料で利用することができます。

 

 

ラズーンテラス(写真撮影禁止の屋外テラス)

 

「ラゾーナ川崎」5階の屋外テラスにできた「ラズーンテラス」では、なぜか写真撮影禁止のため写真は掲載できないのが残念。

(おそらくコンサートやイベント時の芸能人などの撮影を禁止したい趣旨だと思いますので、施設や風景を撮影するのは良さそうですが)

 

写真がないので「ラズーンテラス」がざっくりどんなところかを箇条書きするとこんな感じ。

  • 人工芝が敷かれている開放的なテラス席で親子で飲食を楽しめる
  • 木でできたミニハウスやショップでママゴト遊びができる
  • 人工芝の上に敷かれた絨毯や設置されているテント内にある絵本の読み聞かせができる
  • 触るとプニョプニョしてる可愛らしい動物のオブジェで遊べる
  • 動物が隠されて描かれている壁面アートを楽しめる(隠れミッキーみたいな感じ?)

 

という感じで、晴れている日に屋外でピクニック気分でランチなどしつつ、絵本など読んだりして、親子で楽しめる場所でした。

 

ちなみに、屋外施設なので天候が悪い日は閉鎖している日もあるようです。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

ラズーンパーク(無料で遊べる室内遊び場)

 

「ラズーンパーク」の構成

 

「ラズーンパーク」は下の3エリアで構成されています。 

  1. カキカキパーク(黒板で遊べる)
  2. ヨミヨミパーク(絵本が読める)
  3. ハイハイパーク(赤ちゃんが遊べる)

 

施設内を見た限り撮影を禁止されてなかったので、写真付きでご紹介します。

 

 

カキカキパーク(黒板で遊べる)

 

カキカキパークの入口はこちら。

f:id:tamajirooo:20180505211616j:plain

 

中に入ると

f:id:tamajirooo:20180504160208j:image

大きな黒板があり、チョーク、黒板消しを使って黒板で遊ぶことができます。

 

長女は手前の台をトランポリンのようにして遊んでました。

f:id:tamajirooo:20180505212011j:plain

実際にはまったく弾まないのですが、子どもたちは登って飛び跳ねたりしてました。

(転げ落ちてる子もチラホラ・・・)

 

そんな中、長女も黒板に挑戦。

f:id:tamajirooo:20180504160510j:image

 

 

まだ直線(黄色)くらいしか描けなかったです。

f:id:tamajirooo:20180505212424j:plain

書いたり、描けたりするものが増えると、こういった場所でもより楽しく遊べそうですので、自宅でいろいろ書く練習をもっとやってみてもいいかもと思いました。

(私が描けるのもアンパンマンくらいなので増やさねば。。。) 

 

 

ヨミヨミパーク・ハイハイパーク

 

続いては、絵本を読める「ヨミヨミパーク(右側)」と赤ちゃんの遊び場「ハイハイパーク(左側)」。

f:id:tamajirooo:20180504160556j:image

長女はさっそく気になる絵本に手を伸ばしてました。

 

「ヨミヨミパーク」にはこういった絵本が置かれてます。

f:id:tamajirooo:20180504160838j:image

長女は絵本を読むかと思いきや、身体を動かして遊びたかったようで、すぐさま「カキカキパーク」に戻っちゃいました。。。

 

1歳半までが対象となっている「ハイハイパーク」。

f:id:tamajirooo:20180505213726j:plain

大きい子の駆けっこを禁止する掲示がありましたが、見た目がアスレチックっぽく見えて楽しそうだったからか、誰もいない時は大きい子がママに怒られながら走り回ってました。

 

長女もすかさず遊びに行ってたので退散させました。

 

 

感想(より子連れフレンドリーになったラゾーナ川崎)

 

新たにオープンした「ラズーン」は、どちらの施設も無料にしては十分楽しめる施設となってました。

 

これまでも「ラゾーナ川崎」には子連れが楽しめるイベント・店舗などもありましたが、より親子連れが楽しめる幅が広がったように思います。

 

川崎駅も含めて駅周辺施設が充実しましたので、また遊びに行きたいなと思います。

 

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

イクメンサーファーたまジロー

   
 
<スポンサーリンク>