碑文谷公園!ポニーに乗馬できる目黒の公園!

NO IMAGE

都内でポニーに乗ったり、小動物とふれあえる目黒の「碑文谷公園(ひもんやこうえん)」に行ってみました。

「碑文谷公園(ひもんやこうえん)」とは?

「碑文谷公園(ひもんやこうえん)」は、弁天池を囲む形で遊具や小動物とのふれあいコーナーがある目黒区の区立公園です。

無料で小動物とのふれあえたり、有料でポニーに乗れたりできるのが特徴です。

場所・アクセス

「碑文谷公園」の場所はこちら。

最寄り駅の「学芸大学駅」から徒歩5分〜10分程度の住宅街にあります。

公園入口

「碑文谷公園」の入口はこちら。

f:id:tamajirooo:20180609155055j:image

入口から弁天池が見えます。

園内の様子

公園の中心にある池。

f:id:tamajirooo:20180609160542j:image

池の周囲にあるベンチに座ってボートを眺めたりできる、のどかな雰囲気の公園です。

 

<スポンサーリンク>



 

子ども動物広場

小動物とのふれあいコーナー(無料で小動物にふれあえる)

まずはお目当ての「小動物とのふれあいコーナー」。

f:id:tamajirooo:20180610075116j:plain

無料なのがありがたいですが、「ふれあいコーナー」は時間が決まっています。

f:id:tamajirooo:20180610083411j:plain

比較的時間が限られていますので、遊びに行く際には注意が必要です。わが家はギリギリに到着したので、バタバタな感じでした。

「ふれあいコーナー」ではモルモットとふれあったり

f:id:tamajirooo:20180610083026j:plain

カメが見れたり

f:id:tamajirooo:20180609160250j:image

ウサギと遊べたりします。

f:id:tamajirooo:20180609160258j:image

スペースが限られてる割にいろいろな小動物にふれあえます。
 

ポニーの引き馬

続いては「ポニーの引き馬」のコーナーに向かいました。

f:id:tamajirooo:20180609155320j:image

こちらが「ポニーのおうち」。 

恐る恐る覗きこむ長女。

「ポニーのおうち」の中でチケットを購入します。

f:id:tamajirooo:20180609155410j:image

1回200円と手ごろなお値段です。
 

「ポニーのおうち」の中には馬もいました。

f:id:tamajirooo:20180610201442j:plain

ポニーより大きいので長女はビビってましたが、間近で見れていい刺激になったようでした。

チケット購入後は野球場の隣にある「ポニーの引き馬」のコースに向かいます。

f:id:tamajirooo:20180610201650j:plain

終了時間の15時に近かったこともあり行列ができてました。

「ポニーの引き馬」では、こんな感じで野球場沿いを往復します。

f:id:tamajirooo:20180610202320j:plain

待つこと約15分。

グズったりしながら待ってると、ようやく順番が巡って来ました。

さっそく乗馬。

f:id:tamajirooo:20180610201958j:plain

「怖くない」と言いながら、顔はこわばってました。笑

乗馬の様子はこんな感じ。

スタッフの方に支えてもらいながら、ゆったり歩いているので安心です。

最後は写真タイム。

f:id:tamajirooo:20180610203952j:plain

「いい子、いい子」と撫でてますが、まだ緊張でカチコチ。

それでも、とても満足気でしたので、遊びに行った甲斐がありました。

その他(ボート場、遊具など)

ほかにも、「碑文谷公園」には一般的な遊具があったり

f:id:tamajirooo:20180610204226j:plain

今回は乗りませんでしたが、有料のボート場があったりします。

もう少し大きくなったら一緒に乗りたいなと思います。 

感想(都心で動物とふれあえる貴重な場所)

今回、遊びに行く時間が遅かったこともあって、動物とふれあえる時間が限られてましたが、ポニーの乗馬や小動物とのふれあいを楽しむことができました。

なかなか都心部で無料で動物とふれあえたり、ポニーの乗馬を体験できる場所はないので貴重な公園でした。近所にあるとなお嬉しい。

時間に余裕をもって遊びに行きたい公園です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

たまジロー