子供あそびレポ

~東京近郊の子供のお出かけスポット、子供と楽しめる情報のサイト~

自転車シェアサービス!ドコモのコミュニティサイクルとは?

都内で頻繁に赤い自転車をよく見かけるようになりましたので、利用者が増えている「コミュニティサイクル」という電動自転車のバイクシェアリングサービスを利用してみました。

コミュニティサイクル(自転車シェアリング)

 

 

街中に複数の自転車を貸出す拠点(「ポート」と呼びます)を設置し、利用者がどこのポートでも貸出・返却できる交通手段で、「自転車シェアリング」「バイクシェアリング」など、とも呼ばれています。

 

「どこのポートでも貸出・返却可能」な自転車のシェアリングサービスです。

 

車でもレンタカーで乗り捨てができると行動範囲や行動プランにバリエーションが増えるように、「借りた自転車を借りた場所以外でも返却できる」という仕組みが利便性を高めてます。  

 

ドコモ・バイクシェア

 

ドコモバイクシェアのサービス提供エリア

 

コミュニティサイクルについては、ドコモが「ドコモ・バイクシェア」として最も広範に展開しています。

 

サービス提供エリアは、東京、神奈川、青森、岩手、宮城、岐阜、大阪、神戸、広島、鹿児島、沖縄など、首都圏だけでなく、東北から沖縄にかけて幅広く広まっており、そのうち、東京、横浜、仙台、広島のコミュニティサイクルをドコモが運営し、他の地域についてもシステム提供などを手掛けているそう。

 

各エリアのコミュニティサイクルのホームページは、各市区町村単位で設けられており、2017年7月現在、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、大田区の7つの区にて、サービスが提供されています。

 

ポート(自転車の貸出・返却場所)

 

ポートってこんな感じ

f:id:tamajirooo:20170723172429j:plain f:id:tamajirooo:20170723172513j:plain

コミュニティサイクルを知るまでは意識なかったですが、視点を変えてみると、何気に都内には赤自転車がまとまって置かれているポートが多いのに気づきました。 

 

コミュニティサイクルで利用できる自転車

 

メーカーの違いで若干タイヤのデザイン等が異なるようですが、色は赤いで統一されてる感じです。

 

借りられる自転車は、電動自転車となっており、これもコミュニティサイクルの特徴の1つかと思います。

 

買うと10万くらいする電動自転車を、比較的安価で借りられるのも魅力の1つと思います。

  

コミュニティサイクルの利用プランと利用料

 

個人向けの利用プランには、「1回会員」と「月額会員」の料金プランがあります。

 

「1回会員」は利用都度の料金発生パターンの会員。「最初の30分150円」となっており、30分経過後は「30分100円」が発生します。

 

「月額会員」は月額固定料金の会員。基本料月額2,000円で、月に何度利用しても30分以内は無料。

 

月に14回以上利用する方は、「1回会員」よりも「月額会員」の方がお得になる料金体系になってます。

 

また、上記以外にも1日使い放題の「1日パス会員」や「法人プラン」もあるようです。 

 

ドコモ・バイクシェアの利用方法

 

会員登録

 

登録方法は、各区のコミュニティサイクルのホームページにてわかりやすく記載されていますので詳細は割愛しますが、登録自体はPCかスマホと料金支払い用のクレジットカードがあれば5分程度で完了します。

 

ちなみに、スイカなどの交通系ICカードを登録すると、利用する際に、登録したICカードを自転車にかざすだけで利用できますので、非常に楽になりますが、登録にもうひと手間かかります。

 

自転車の借り方

 

借り方は下の2つに分かれます。

 ①ICカードを登録している場合

 ②ICカードを登録していない場合

 

①の場合

ICカードを下の「FeliCa」部分にかざすのみ

f:id:tamajirooo:20170722222122j:plain

楽チンですね。

 

②の場合

コミュニティサイクルのホームページにログイン

    ↓↓↓

利用する自転車を選ぶ

(ポートから自転車を指定 or 自転車の番号(上の写真の「MNT1265」)で自転車を指定)

    ↓↓↓

パスコード(4桁の番号)を発行

    ↓↓↓

登録アドレスに届くパスコードを入力

f:id:tamajirooo:20170722222650j:plain

左下の「START」ボタンを押して、パスコードを入力すると、

 

「カチッ」

 

と、音が鳴って、後輪の施錠が解除されます。

  

繰り返しですが、①のほうが楽です。早く乗りたいときとか、特にそう思います。

 

乗り心地

 

恥ずかしながら生まれてこれまで電動自転車に乗ったことがなかったもので、ペダルをこぐと電動パワーが働き、「グッ」と前に進む感触に正直感動。

 

電動自転車に乗ってる方からすると、たいしたことないかもしれませんが、初体験の私には十分満足な乗り心地。

 

 

   

返却時

 

ポートに到着した後の返却手続きは、後輪の鍵を閉めて、右下の「ENTER」ボタンを押すだけで完了。

f:id:tamajirooo:20170722215617j:plain

「返却」と表示され、登録メールアドレスに返却完了メールも届きます。

 

 ちなみに、返却前に「ENTER」ボタンを押すと、利用時間が分かります。

f:id:tamajirooo:20170722214538j:plain

40分。

 

30分を超えているので、150円+100円=250円。

 

電車で帰る場合と比べて、時間・料金ともにそれ程差はありませんが、ほどよく汗をかくことができ、都内を自転車で走り抜ける爽快感に十分な満足感を得ましたので、いつもと違う爽快な気分で帰宅しました。

 

感想

 

コミュニティサイクルの魅力はこんな感じと思います。

  1.  利便性が高い(どこで借りてもどこでも返却可能)
  2.  移動が楽チン(電動自転車) 
  3.  運動不足解消

 

利用し始めてまだ2カ月程度ですが、晴れている日の会社帰りは基本利用しています

 

都内の電車やバスなどの公共交通機関は複雑なくらい充実しているものの、なかには距離は近いけど、公共交通機関では時間がかかってしまい、むしろ自転車の方が短時間で目的地に行ける場合があります。

 

しかも、こういうケースは都内では少なくないので、そういった意味でもコミュニティサイクルの利用者はこれからも増えると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

イクメンサーファーたまジロー