東京こども区こどもの湯!東京スカイツリータウン内の子供向け室内遊び場!

1歳半の長女が外で遊び回るようになったのをきっかけに東京スカイツリータウン内の東京ソラマチにある「東京こども区こどもの湯」に長女と遊びに行きました。 

東京こども区こどもの湯

「東京こども区こどもの湯」は、88,000個のボールを使用したボールプールがある東京スカイツリータウン内の東京ソラマチにある室内遊び場です。

場所・アクセス

「東京こども区こどもの湯」は、東京スカイツリータウン内にある商業施設の東京ソラマチ5Fにあります。

入口は昔の銭湯のような入口ですので見つけやすいです。 

基本料金

基本料金(最初60分)と延長料金(30分ごと)はこちら。

小人(小学2年生以下)  1,200円(延長30分ごと600円)

中人(小学3年生~15歳)   600円(延長30分ごと300円)

大人(16歳以上)        600円(延長30分ごと300円)

(土日休みの方は利用機会が少ないですが)平日限定の2時間パックの料金はこちら。

小人(小学2年生以下)  1,800円

中人(小学3年生~15歳)   900円

大人(16歳以上)        900円

土曜に長女と2人で訪問した私は、小人1,200円+大人600円で合計1,800円をお支払い。

料金はやや高めの水準。東京スカイツリータウン内にある施設として考えれば、値段はやむを得ない水準かと思います。

他にも会員制度などがありました。

店内の様子・遊具など

開店と同時に入店

営業時間は10:00〜21:00(最終入場20:00)

事前にホームページを見る限り、小学生も多そうでしたので、大きい子がたくさんいると1歳児には危ないかなと思い、開店と同時に入店しました。

お祭り広場

ベビーカーを入口付近に置き、ロッカーに荷物や貴重品を預けて中に入ると

f:id:tamajirooo:20170911211853j:plain

銭湯ちっくな「のれん」。最近銭湯に行ってませんので、どこか懐かしい感じ。

「のれん」をくぐると、お祭りをテーマにした昭和を感じる広場があります。

子どもの頃に近所にあったような駄菓子屋コーナー 

f:id:tamajirooo:20170913183829j:plain

 奥には、お祭りの射的コーナー

f:id:tamajirooo:20170911212116j:plain

名前のとおり、お祭りっぽい雰囲気の空間で、ほかにもアイスクリームなどがあったりします。

また、お祭りの屋台コーナーもあり

f:id:tamajirooo:20170913184106j:plain

屋台ごっこもできるようになってます。

「はっぴ」や「たこ焼き器」もあったりと、本格的な感じです。

混んでくると、たいてい誰かしら遊んでおり順番待ち状態。

<スポンサーリンク>

 

ボールプール

そして、お祭り広場の奥に、お目当のボールプールがあります。

f:id:tamajirooo:20170914015541j:plain

気づいたら長女がボールプールにダイブ!!

1番乗りで貸し切り状態のため、とても広く感じました。 

f:id:tamajirooo:20170914015710j:plain

さっそく真ん中にある膨らんだ丘に登ってみて

f:id:tamajirooo:20170914015811j:plain

すべり台のように滑り降りたり

f:id:tamajirooo:20170914020227j:plain

固くなく柔らかすぎず、1、2歳児にも遊びやすい感じ。

でも、2人以上乗ると、ピンっと張ってしまい、1、2歳児には登りづらくなりますので、1人で遊べるときが楽しめます。

しかし、混んでくると誰かしら遊んでますので、1人で遊べるのは開店当初くらい。

ちなみに、大人も乗って大丈夫ですが、重いのでけっこう沈んで逆に身動きとりづらいです!

子どもにちょうどいい感じの柔らかさになってます。

奥には大きなすべり台!

f:id:tamajirooo:20170914021009j:plain

すべり台には壁際の側面から登りますが

f:id:tamajirooo:20170914021129j:plain

1歳児にはやや段差が高い感じ

登ると何やら注意書きも 

f:id:tamajirooo:20170914021229j:plain

はしゃぎ過ぎてケガしたパパママがいたんでしょうか。保護者への注意でした。

いざ登ると

f:id:tamajirooo:20170914021354j:plain

意外と急斜面。

普段から比較的急なすべり台で遊んでれば別ですが、遊び慣れてないとやや不安。

坂がビニール上ですのでそれほど加速しませんでしたが、実際にビニールを滑りやすい長ズボンの場合には結構スピードでるなと思いました。

長女もなかなか気に入ったようで、5回くらい連続で滑ってました。

ボールプールの左奥の端っこには虹色にライトアップされた「虹の湯」があります。

f:id:tamajirooo:20170914022729j:plain

1歳児には、虹色のライトアップよりも、空気で浮いているボールに興味津々。  

浮いてるボールを不思議そうに見ていたので、新しい気づきになればなと思い

「なんで浮いてるんだろうね~」

と言いながら、ボールを投げ込んで一緒に遊びました。

(もちろん1歳児には届かない高さなので、投げ込んで遊んでいる間はずっと抱っこでしたが、、、)

幼児向けのボールプールとして、遊具付の小さいボールプールもありました。

f:id:tamajirooo:20170914021750j:plain

手前には、絵本やオモチャや「はっぴ」が あったりします。

ボルタリング 

他には、ボルタリングができるコーナーがあったり

f:id:tamajirooo:20170914021913j:plain

こちらは1歳児にはムリなのでトライせず。

マッサージチェア(パパママ向け)

 パパママ向けにマッサージチェアもあったり

f:id:tamajirooo:20170914022027j:plain

小学生くらいの子であれば、パパママはマッサージチェアで座って子どもを見てることもできますが、1歳児の場合には目が離せないので、「座りたい!」と思いながら写真撮るのみ

<スポンサーリンク>

 

安全のために注意した方がいいこと

1、2歳児にはボールプール深い

ボールプールは1歳児の腰まで埋まるくらいの深さで、1人ではボールプールの中でほとんど身動きが取れません。

実際に、長女も最初は一生懸命歩き回ってましたが、途中から自分の力で移動することを諦めて、私の抱っこに頼っていました。

当たり前のことではありますが、ボールプールはこんな感じですので、小学1、2年生が縦横無尽に走り回っていると、1、2歳児にとっては身動きがとれないので、余計に危ないため、絶対に目は話せないと感じました。

お手洗い

お店に入る際に店員さんに聞かれますが、店内にオムツ替えやトイレのスペースはありませんので、事前にお手洗いには行かれてから遊びに行きましょう。

小学3年以上はボールプールで遊べない 

「中人(小学3年生~15歳)」は、「ボールプール」のコーナーでは遊べないことになっています。

小学2年生以下の子どもが遊んでいるから仕方ないな~と思いながらも、そうなると、「中人」は「お祭り広場」でしか遊べなくなりますが、「お祭り広場」でしか遊べなくて基本料金600円は、、、ちょっと高い。

まとめ(スカイツリーで子供が遊べる場所)

「こどもの湯」には広いボールプールがあるほか、思った以上に店内の遊具・施設などが充実していましたので、大人も子どもも非常に楽しめました。

遊びに行った日は土曜で10時30分くらいになると混み始めましたので、開店の10時と同時に入るのがおススメと感じました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

東京スカイツリータウン内にある「すみだ水族館」はこちら。 

関連記事

子どもとのお出かけスポット巡りが日課の「たまジロー」です。 今回は2020年にリニューアルオープンした東京スカイツリータウン内にある水族館「すみだ水族館」で1、2歳の子どもも楽しめたスポットをまとめました。 […]

すみだ水族館入口

 

たまジロー

 

<スポンサーリンク>