横浜八景島シーパラダイス!3歳の子供が楽しめた水族館の見どころ紹介!

子どもとのお出かけスポット巡りが日課の「たまジロー」です。

 

今回は「横浜・八景島シーパラダイス」で3歳と1歳の子どもが楽しめたアトラクション・見どころをまとめました。

 

横浜・八景島シーパラダイス

 

「横浜・八景島シーパラダイス」は、西武グループが運営する海をテーマにした複合型テーマパーク。

 

4種類の水族館、遊園地「プレジャーランド」のほか、ショッピングモールやホテルなどが併設されています。

tamajiro
たまジロー
今回は水族館へ遊びに行ってみました。

 

「横浜・八景島シーパラダイス」の料金プラン・割安チケットの詳細はこちら。


Klook

 

場所・アクセス

 

「八景島シーパラダイス」の場所はこちら。

最寄り駅の「八景島駅」までは「横浜駅」からも30分以上かかる場所にあります。

tamajiro
たまジロー
広い敷地を活かして海の生物と交流できる場所がたくさんあります。

 

八景島シーパラダイス入口

 

「八景島シーパラダイス」の入口はこちら。

シーパラ入口

 

やや曇り気味ながら開園時間からお客さんが沢山来てました。

 

八景島の全体マップ。

八景島マップ

八景島全体が1つのテーマパークになってる感じ。

tamajiro
たまジロー
今回お目当ての水族館はテーマに応じて4種類のエリアに分かれてました。

 

<スポンサーリンク>



 

アクアミュージアム

外観・入口(シー太君)

 

まずは1つ目の水族館「アクアミュージアム」。

アクアミュージアム

 

「八景島シーパラダイス」のマスコットキャラクター「シー太君」と記念撮影してさっそく入場。

シー太テキスト
アクアミュージアム入口テキスト

 

1F 迫力あるイワシ

 

まずは泳ぎ回るアシカやアザラシに姉妹で夢中。

アザラシ

 

アクアミュージアム1Fには巨大水槽。

巨大水槽

見上げる高さの水槽内にイワシの群れ、サメ、エイなどが泳いでます。

 

遊びに行った日はイワシの群れによるパフォーマンス「イワシイリュージョン~桜花乱舞~」が見れました。

 

左が通常時にイワシが青い水槽内を泳ぎ回る綺麗な群泳。

通常のイワシの群れテキスト
演出時のイワシの群れテキスト

右側が音楽に合わせたパフォーマンスが始まるとピンク色にライトアップ。

tamajiro
たまジロー
サメなどが活発に動きイワシの群れが激しく泳ぎ回ります。桜吹雪のように舞う演出。

想像以上の演出で面白かったです!

 

1Fの最後にはペンギンのコーナー。

間近に見るペンギン

子どもが下から見上げて近い距離で見れたりします。

 

アクアチューブ(水槽内エスカレータ)

 

1Fから3Fへは魚たちが泳ぐ水槽の中をエスカレータで上がります。

水槽内エスカレータテキスト
ハンマーヘッドシャークテキスト

ハンマーヘッドシャークやエイが泳いでいる姿を横に見ながら上がっていきます。

tamajiro
たまジロー
エスカレータのスピードも遅いのでゆっくり鑑賞できます。

 

3F 深海魚など

 

深海魚などがいるやや暗い照明のコーナーを足早に過ぎて明るいアオウミガメなどがいるコーナーへ。

カメ凝視

じっと動かない感じでしたが、長女と同じくらいの大きさのカメなどを目の前で見れて興味津々。

 

4F 海の動物たちのショー(Mr.マリック)

 

続いては、「海の動物たちのショー」。

マリック

遊びに行った日はMr.マリックとコラボしたショーが開催されていました。

tamajiro
たまジロー
私がテレビを見てないせいか久々にMr.マリックを見ました。

 

セイウチのスプーン曲げで会場を盛り上げてました。

スプーン曲げ

ほかの水族館では見れないユーモアあるショーでした。

tamajiro
たまジロー
「アクアミュージアム」では、ほかにもシロイルカのショーが見れたり、カピパラ・フラミンゴなどを見れるコーナーもありました。

 

<スポンサーリンク>



 

ドルフィン ファンタジー

 

続いては2つ目の水族館「ドルフィンファンタジー」。

ドルフィンファンタジー

 

「ドルフィンファンタジー」内ではトンネルアーチ状の水槽内から頭上を泳ぐイルカを見れます。

ドルフィンファンタジー内部テキスト
ドルフィンファンタジーのイルカテキスト

「ドルフィンファンタジー」ではアーチ状の水槽内で「ドルフィンウェディング」も開催してました。

 

うみファーム(エサやり楽しい)

 

続いては3つ目の水族館エリア「うみファーム」。

うみのファーム

「うみファーム」では、「海育プログラム」として、魚釣りや魚とりなどが体験できます。ちなみに、いずれも4歳以上が対象。

 

「うみファーム」で3歳児が楽しめたのは、マダイ・ブリへのエサやり。

エサを購入テキスト
エサテキスト

ガチャガチャでエサを購入。100円の割にエサはたっぷり。

 

デッキの下のオーシャンラボにはマダイがたくさん。

マダイに餌やりテキスト
マダイテキスト

ヒレがキレイな青色のマダイを初めて見ました。

tamajiro
たまジロー
マダイが勢い良く食べる姿が面白かったようで、結局2回エサを購入しました。魚釣りなどの体験もできるようになると、もっと楽しめそうです。

 

<スポンサーリンク>



 

ふれあいラグーン(イルカにタッチ)

外観・入口

 

水族館の最後は「ふれあいラグーン」。

イルカ、セイウチなどにふれあえるコーナー。

 

ホエールオーシャン(イルカとふれあい)

 

まずはイルカのふれあいコーナー。イルカがいる水槽が3面ほどあります。

シロイルカと遊ぶ

 

体験コーナーでイルカや白イルカと遊んでる方々がいました。

 

サカナリーフ(岩場を再現)

 

イルカコーナーの隣には海の岩場を再現したコーナー。

いわばコーナー

長女にはまだ危なそうでしたので遊びませんでしたが、海の岩場遊びを体験できる面白いコーナー。

 

ヒレアシビーチ(トンネル面白い)

 

1番楽しんでたのはアシカが見れるトンネル。

トンネルテキスト
アシカテキスト

公園で遊ぶように何周も楽しんでました。

 

フレンドリーサークル(セイウチとタッチ)

 

最後はセイウチとペンギンにふれあえるイベント。

セイウチ

体重400キロ以上(だったはず)の大きなセイウチとの記念写真イベント。

 

写メでの撮影はできませんでしたが、大きなセイウチに恐る恐る触れて長女も満足気。

 

またペンギンにも触ることができました。

ペンギン

こちらも恐る恐るでしたが、触れて嬉しそうでした。

 

面白かったイベント(ペリカンひろば)

 

「うみファーム」の近くではペリカンに魚のエサをあげれる「ペリカンひろば」がありました。

ペリカン広場

少し離れた場所からエサの魚をペリカンに投げます。

 

エサを欲しがるペリカンたちを間近で見るとけっこう迫力ありました。

ペリカンたち

 

<スポンサーリンク>



 

まとめ(1日で遊び尽くせないテーマパーク)

 

今回は開園時間と同時に遊びに行きましたが、水族館の4施設だけで1日を過ごせました。

何度も魚や動物たちにふれあえる機会が多いので子どもにとっても良い体験になるテーマパークでした。

今度は遊園地エリアも遊びに行きたいと思います。

 

「横浜・八景島シーパラダイス」の料金プラン・割安チケットはこちら。


Klook

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

たまジロー

 

<スポンサーリンク>