初めての幼児向け映画「映画しまじろう まほうのしまの だいぼうけん」

2歳の長女の映画デビューとして「映画しまじろう まほうのしまの だいぼうけん」を見に行って見ました。

「映画しまじろう まほうのしまの だいぼうけん」とは?

 

「映画しまじろう まほうのしまの だいぼうけん」は、しまじろう30周年記念映画として2018年3月9日から公開されている幼児向けの映画です。

 

詳細はこちら。

kodomo.benesse.ne.jp

 

 

初めての幼児向け映画

 

映画館というと静かにしないといけない場所というイメージを持っていたこともあり、これまでは子どもと行く場所として考えてませんでしたが、今回の「しまじろう」の映画は幼児向けの映画とだけあって、上映中に声を出したり、歌ったり、踊ったりできる内容となっていたり、途中に休憩も設けられいる内容となってましたので、試しに遊びに行ってみました。

 

実際に映画の上映中は、

 

「しまじろうー!!」

 

という感じで、会場の子どもたちが一斉に声を出したりする場面もあり、子どもが飽きない工夫がなされていました。  

 

 

わが家の2歳児の反応は、、

 

入場前にもらった袋

 

映画館に入場する際に、映画の中で使用するグッズが入った袋がもらえます。

 

その袋がこちら。

f:id:tamajirooo:20180326060941j:image

「しまじろう」がプリントされていることもあって、もらった瞬間から嬉しさのあまり長女がモミクシャに。。。

 

 

着席から映画開始まで

 

実際に席に着席すると、館内が暗く、普段にはない大音量で他の映画の宣伝がされていることもあって、怖がってしまい、帰りたそうにしてました。

(幼児向け映画の場合、このあたりについてはまだ改善余地ありそうだなと感じました)

 

ただ、実際に「しまじろう」が画面に登場すると、怖さも忘れ、画面に熱中!

 

袋の中に入ってた「しまじろう」グッズも使う前から嬉しさのあまりビリビリー。。。

 

とりあえず、喜んでいたので良かったです。

 

 

わが家の2歳児は最後までもたず 

 

長女は、上映中、映画の内容はわからないまでも、ほかの子どもたちと同じように、声を出したり、踊ったりして楽しんでました。

 

がしかし、内容が進み、前半が終わって休憩時間になると、なにやらグズッて帰りたそうな雰囲気。

 

あまり無理強いしてもという感じでしたので今回は途中退出。。。

 

今回の映画は60分間の内容でしたが、わが家の2歳なりたての長女には我慢できない長さでした。

 

実際に周囲の家族連れを見てみると、3歳以上の子どもが多い印象で、みんなしっかり「しまじろう」のキャラクターや歌を理解している感じでした。

 

<スポンサーリンク>

 

 

感想(これまで敬遠してた映画もこれからは行ってみようかと)

 

初めての幼児向け映画でしたが、上映中に子どもたちが映画の内容に合わせて一緒に声を出したり、歌ったり、踊ったりする光景は新鮮でした。

 

今回長女が途中で飽きてしまったのはやや残念でしたが、途中までは楽しそうに「しまじろう」と叫んだり、歌ったりしてる様子が見れてよかったです。

 

映画の内容も親の子どもの接し方について示唆してる部分もあったりして、いろいろ考えられた内容だなと感じました。

 

もう少し大きくなったら、幼児向け映画を観に行くのもアリだなと感じました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

  

イクメンサーファーたまジロー

 

<スポンサーリンク>