花やしき 0歳でも遊べる遊園地 0歳~1歳は特にお得!

井の頭自然文化園のミニ遊園地の遊具にハマってた1歳の長女のために、幼児が楽しめる遊園地を求めて、浅草にある「花やしき」に行ってみましたので、1歳児が遊べたアトラクションをご紹介します。

井の頭自然文化園の記事はこちら。

www.ikumensurfer-tamajiro.com

  

 

「花やしき」とは?

 

「花やしき」は1853年の 江戸時代 に開園した日本最古の遊園地です。

 

江戸時代からあったのか。。。

 

と、そもそも驚きですが、1853年は ペリー来航 の年でもあります。

 

ペリー来航って、教科書で習ったなーという感じの認識レベルですが

 

そんな歴史の出来事があった年から続いているという意外に(と言うと失礼ですが)歴史ある施設です。

 

当初は、牡丹や菊の花園だったようですが、その後、娯楽場、動物園などを経て、現在の遊園地へという変遷を辿ってきたようです。

 

ホームページはこちら。

www.hanayashiki.net

 

 

場所・アクセス

 

地図はこちら。

「浅草駅」から徒歩5分~10分程度の場所にあります。 

 

駅からの距離は近いですが、土日や催事があるときは非常に込み合いますので、もう少し時間がかかるときもあります。 

 

 

料金(入園料、のりもの券) 

 

料金には「入園料」と「のりもの券」があります。

 

入園料

 

入園料はこちら。

  

  未就学児         無料

  小人(小学生)      500円

  大人(中学生以上) 1,000円

  シニア(65歳以上)   500円

 

未就学児は無料ですし、小人や大人の入園料も遊園地・テーマパークと比較した場合には良心的なお値段。

 

のりもの券(入園料と別途発生)

 

未就学児は無料で入園できますが、2歳以上はアトラクションが有料となっており、「のりもの券」が必要になります。

 

「のりもの券」の料金はこちら。 

 

  普通券   1枚   100円

  回数券   11枚 1,000円

 

アトラクションでは1回あたり「のりもの券」を2枚~5枚を使用します。 

 

1回あたり2~3枚使用するアトラクションが多く、幼児用アトラクションは「あっ」という間の短時間で終わってしまいますので、アトラクションでガッツリ遊ぶ予定の2歳以上のお子さん連れの場合にはフリーパスを購入されたほうが良いと思います。

  

アトラクションのフリーパス(入園料と別途発生)

 

フリーパスの料金はこちら。

 

  未就学児(2歳以上) 1,800円

  小人(小学生)     2,000円

  大人(中学生以上)   2,300円

  シニア(65歳以上)   1,800円

 

入園料との合計で考えるとインパクトある金額。

 

遊びたいアトラクションを踏まえて決めるといいのかなと思います。

 

 

1歳児連れの場合の料金(保護者1名なら1,000円で遊べる!)

 

1歳児までは、「入園料」も「のりもの券」も無料です。

 

そして、ありがたいことに、

 

4歳児までの付き添いの方はアトラクション無料!

  

ですので、1歳児連れで保護者が1名の場合は、

 

大人の入園料1,000円で1歳児と一緒にアトラクション乗り放題になります!

(当然1歳児が乗れるアトラクションだけですが)

 

  

 

花やしき入口(笑運閣門)

 

花やしきにはいくつか入口がありますが、遊びに行った日は、「笑運閣」という建物内にある入口から入場しました。

 

「笑運閣」はこれ。

f:id:tamajirooo:20171206212929j:plain

写真左下のスロープからベビーカーを押して入場できます。

 

 

バリアフリーと見せかけて

f:id:tamajirooo:20171206213342j:plain

段差アリ!

ベビーカーにとっては「イラッ!」とするトラップがありますのでご注意ください。

 

 

 

アトラクション

 

パンフレットの「乗り物一覧表」が親切

 

入園した際にもらえるパンフレットの裏面には、年齢別に遊べるアトラクションが一覧化されています。

f:id:tamajirooo:20171206215728j:plain

これを見れば、子どもがどのアトラクションで遊べるかが一目瞭然ですので非常に親切です。

 

0歳児でも乗れるアトラクションは全部で9つあり、数としては意外と多いです。

 

 

「スワン」に始まり、「スワン」に終わる

 

長女が1番ハマったのは白鳥の乗り物の「スワン」!

f:id:tamajirooo:20171206220137j:plain

激しく動く乗り物ではなく、グルグル回るだけですが、お気に召した様子でした。

 

「スワン」自体が短時間で終了することもあって乗り足りない長女は

 

「もっかい!」(もう1回)

 

の繰り返し。

 

移動しようとすると泣きじゃくるので、合計10回くらい乗りました。

 

順番待ち中も食い入るように見てました。 

f:id:tamajirooo:20171206224943j:plain

これだけで元取れるくらい遊んだかな。。。

 

「花やしき」から帰ろうとするときも、「スワン」が出入り口付近にあることもあり、結局「スワン」で始まり、「スワン」で終わりました。 

 

 

メリーゴーランド(1歳児にはちょうど良い)

 

お次は「メリーゴーランド」!

f:id:tamajirooo:20171206221348j:plain

こちらも「スワン」に次いて1歳の長女にウケが良かったアトラクションで、3、4回は乗りました。

 

動く乗り物に興味を示す1歳児の欲求を満たすには「メリーゴーランド」はちょうど良いのかなと改めて感じました。

 

 

ちびっこ観覧車(若干間延びする。。。)

 

幼児用の観覧車に行ってみましたが

f:id:tamajirooo:20171206223141j:plain

1個ずつゆっくり幼児の乗り降りをしますので(仕方ないですが)、停止している時間が長いです。

 

若干間延びしてしまい、乗車中は「立ち上がってはダメ」ということになってますが、待ってる間、子どもは我慢できず長女を抑えておくのが大変でしたので、あまりおススメはできないアトラクションでした。

 

 

ちびっ子タクシー(スピード感味わえる)

 

最近「くるま」を言えるようになった長女が喜んだのは「ちびっ子タクシー」

f:id:tamajirooo:20171207001815j:plain

 

アトラクション自体は自動運転で引っ張られていきますが

f:id:tamajirooo:20171207000816p:plain

ハンドルを握って自分で運転してる感覚を味わえたようで楽しそうでした。

 

こちらも3回くらい乗りました。

 

 

空飛ぶ海賊船「スカイシップ」(もう少し大きくなってからか)

 

意外と0歳児でも乗れるのが空飛ぶ海賊船「スカイシップ」

f:id:tamajirooo:20171207002005j:plain

この海賊船で園内の上空を周回します。

 

 

下から見上げると

f:id:tamajirooo:20171207002346j:plain

けっこう高い位置を周回しますが、スピードは非常にゆっくりですので安心です。

 

ただ、ベルトでしっかり固定されますので

f:id:tamajirooo:20171207002959p:plain

座高が低い幼児にはこの景色がほとんど見えませんのでもう少し大きくなってからのほうが楽しめそうな感じでした。

 

 

スリラーカー(1歳児には伝わらず)

 

「花やしき」というと「お化け屋敷」という印象もありましたので、最後は、0歳児も乗れる「スリラーカー」にも乗ってみました。

f:id:tamajirooo:20171206230614j:plain

 

アトラクション内は暗く、「プシュー!」と白い煙が出たり、「キャー!」と叫び声が聞こえたりしましたが、アトラクション自体も比較的早く動くこともあって、長女は何が起きてるか訳が分からず、「きょとん」としてました。

 

まあ、そんなもんかなと思いつつ、

 

ほかにも、0歳児でも遊べるアトラクションとして「お化け屋敷」、「ゴーストの館」、「3Dシアター」といったものがありましたが、「スリラーカー」でこんな感じでしたので今回は遊びませんでした。

 

  

感想(1歳児までは特にお得!)

 

そんなこんなで、1歳までは「入園料」も「のりもの券」も無料ですので、今回は幼児用アトラクションで遊び尽くしました。

 

乗り物に興味を示しだす1歳児と遊びに行くには良い場所だなと思いました。

 

今回はご紹介してませんが、園内ではランチスポットも比較的充実しており、冬でも暖かい日なら楽しめそうでしたので、長女が2歳になるまでの間に行けるだけ行きたいなと思いました。 

 

イクメンサーファーたまジロー

   
 
ブログランキング参加中です。スターと一緒にポチっと頂けると嬉しいです。 
   ↓ ↓ ↓
 
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
 
 
こちら(↓)もポチっと!  

 
人気ブログランキング

 
<スポンサーリンク>