「フジテレビキッズカフェ ママトコ」 ランチ利用よりカフェ利用の方がコスパが良いかも

最近ハマっている親子カフェめぐりで、お台場にある「フジテレビキッズカフェ ママトコ」に行ってみました。

直近で行った親子カフェはこちら。

www.ikumensurfer-tamajiro.com

 

 

「フジテレビキッズカフェ ママトコ」とは?

 

「フジテレビキッズカフェ ママトコ」は、親子カフェならではの子どもが遊べるキッズスペース以外に、ガチャピン・ムックやワンピースなどのフジテレビの人気キャラクターがキッズスペースに活用されているビュッフェ形式の親子カフェです。

 

ホームページはこちら。

www.fujitv.co.jp

 

 

場所・アクセス

 

「フジテレビキッズカフェ ママトコ」は、アクアシティお台場6Fのレストランフロアにあります。

 

地図はこちら。

アクアシティお台場は、最寄り駅のゆりかもめ「台場駅」から徒歩1分程度で行くことができます。

 

天候が悪い場合でも行きやすい点がありがたいです。

 

 

利用料金

 

料金については、ランチ、カフェ、ディナーに応じて、年齢別に利用料金が詳細に決まっています。

詳細はこちら。

ママトコとは? - フジテレビキッズカフェ ママトコ

 

 

わが家の場合には、土日祝日でのランチ利用で1歳児連れでしたので、

  大人1名 1,840円 ✖ 2名 = 3,680円

  1歳児   290円      

これらの合計3,970円が基本料金でした。

 

また、延長30分につき1人当たり210円かかりますので、30分延長した当日は、3名分の延長料金を加算した合計4,600円をお支払いしました。

 

金額的に安くはないですが、子どもの満足感は高い感じでした。

 

 

ママトコの入口

 

アクアシティお台場の6Fに着いて少し歩くと入口が見えてきます。

f:id:tamajirooo:20171110213016j:plain

入口は一目でわかります。

 

ちなみに、お店の外にもガチャピン・ムックなどのキャラクターのオブジェがあり、写真撮影などして楽しむことができます。

 

わが家の1歳9か月の長女も帰りにしがみついて遊んでました。

 

 

ママトコの店内

 

食事スペース

 

食事スペースの窓側席はこんな感じ。

f:id:tamajirooo:20171110214018j:plain

6Fからの景色も楽しめます。

 

わが家は子どもが遊びやすいようにキッズスペースの目の前の席にしました。 

f:id:tamajirooo:20171110214304j:plain

子どもがキッズスペースで遊んでる姿を見ながら食事するには、こちらの席の方がよさげです。

 

土曜日のお昼前の時間でこれだけ空いてますので、良く言えば穴場ですが、お台場自体に人が少ないので、やや心配にもなりました。

 

 

 

キッズスペース

 

「あおのひろば」

f:id:tamajirooo:20171110215448j:plain

乳幼児向けのおもちゃ、ぬいぐるみがあるキッズスペース

 

長女がいる場所には、ガチャピン・ムックのぬいぐるみが溢れてます。

 

 

「あおのひろば」の手前側は比較的広いです。

f:id:tamajirooo:20171110215926j:plain

奥のおもちゃ箱にたくさんおもちゃが置かれてます。

 

 

おもちゃ以外にも子ども用の本も充実しています。

f:id:tamajirooo:20171110220623j:plain

 

 

「みどりのひろば」

f:id:tamajirooo:20171110221417j:plain

アニメのキャラクターなどを活用したキッズスペース

対象年齢は4歳以上のようです。

 

 

写真左側の遊具は乗ると音が鳴る床になってます。

f:id:tamajirooo:20171110222050p:plain

長女はトランポリンみたいに飛び跳ねてました。

用途が違うので、壊れないか少し心配でしたが。。。

 

 

ランチメニュー

 

ランチはビュッフェ形式

f:id:tamajirooo:20171110235224j:plain

和洋いろいろ揃っています。

 

オクラなど、子どもに食べさせたい惣菜も充実。

f:id:tamajirooo:20171110235543j:plain

 

上の写真のほかにも、デザートも充実しており、大人も満足できる内容になってます。 

 

 

 

 

参考情報

 

70分の制限時間は短い

 

制限時間は70分となっており、延長する場合には延長料金が発生しますが、ビュッフェ形式で料理を選ぶ時間も考慮すると、食事だけで1時間使ってしまうので、子どもが遊ぶにあたっては当然ながら延長しなくてはなりません。

 

120分(2時間)を制限時間とする親子カフェが多い中で、70分の制限時間は短いため、実際上の利用料金は延長料金も加味した金額と考えた方がいいかなと思います。

 

 

食器の返却はセルフサービス

 

食器の返却はビュッフェ形式にしては珍しくセルフサービス

f:id:tamajirooo:20171110222520j:plain

保護者が2人以上ならまだいいですが、子連れで保護者が1人の時は大変そうだなと感じました。

 

甘えすぎかもですが、親子カフェのわりに、目を離せない幼児連れの家族には優しくない感じ。 

 

 

感想(ランチ利用よりもカフェ利用の方がコスパが良い)

  

キッズスペースが充実しており、料理もビュッフェ形式でいろいろ楽しむことができましたが、やはり、もともとの制限時間が短く、結果的に支払う料金は割高となります。

 

そういった状況から、ランチ利用よりも、カフェ利用の場合の方が、制限時間の多くを遊びに使用できる分、コスパ的にはいいかなと感じました。

 

 

土日・祝日のランチ利用とカフェ利用の場合の料金の違い(一例)

 

    大人1名  (ランチ)1,840円 ⇒ (カフェ)600円 

  1歳児1名    (ランチ)290円  ⇒ (カフェ)210円  

 

大人の料金の違いが大きいです。

 

実際の利用方法は個別の事情でいろいろあると思いますが、わが家の場合は、次回はカフェ利用を検討しています。

 

 

なにはともあれ

 

 

いずれの利用方法であっても、キッズスペースは充実していますので、子どもの楽しむ笑顔は見れると思います!

 

 

 

イクメンサーファーたまジロー

   
 
ブログランキング参加中です。スターと一緒にポチっと頂けると嬉しいです。 
   ↓ ↓ ↓

 
人気ブログランキング

 

こちら(↓)もポチっと! 

 
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
 
 

<スポンサーリンク>