横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール 1歳児の見どころ

最近アンパンマンにハマっている1歳8か月の長女のために「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」に行ってみました。 

 

 

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールとは?

 

「アンパンマンこどもミュージアム」は、テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」を題材にしたテーマパークで、2017年11月現在、全国5か所(横浜、名古屋、仙台、神戸、福岡)で運営されています。 

 

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」は、その中で2007年に一番最初にオープンしたミュージアムになります。

 

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」には、ミュージアムとショッピングモールの2つの施設があり、それぞれで違った楽しみ方ができます。

 

■ミュージアム

 

3階建てのミュージアムで、アンパンマンの滑り台で体を動かして遊んだり、キャラクターの展示物やジオラマなどを見て楽しめるほか、「やなせたかし記念館」の展示物や「やなせたかし劇場」のショーなどでも楽しむことができます。

 

ちなみに、ミュージアムは有料で、入場の際には入館料がかかります。

 

 

■ショッピングモール

 

グッズなどのショッピングのほか、「ジャムおじさんのパン工場」など、アンパンマン関連のお店で食事を楽しむことができます。

 

屋外でショーなどのイベントが行われたりもしますので、屋外でもキャラクターを見て楽しむことができます。

 

ちなみに、ミュージアムは有料ですが、ショッピングモールは無料ですので、入場の際に特に入場料などは発生しません。

 

 

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」のホームページはこちら。 

www.yokohama-anpanman.jp

 

 

 

場所・アクセス

 

横浜駅とみなとみらいの間くらいに位置しています。

 

地図はこちら。

 

最寄り駅のみなとみらい線「新高島」駅、横浜市営地下鉄(ブルーライン)「高島町」駅いずれからも徒歩10分程度です。

 

 

 

入館料

 

施設内では、ミュージアムとショッピングモールで分かれており、ショッピングモールの入館料は無料ですが、ミュージアムの入館料金は下のとおりとなってます。

 

ミュージアムの入館料金はこちら。

  

  子ども(1歳未満)     無料

  子ども(1歳以上)     1,500円

  おとな(中学生以上)  1,500円

 

 

子どもには記念品がプレゼントされており、2017年10月に訪問した時は、非売品の「でんでんだいこ」がプレゼントされました。

 

最近、「1歳児は無料」という遊び場に行く機会が多かったですが、アンパンマンは1歳児も認知してるということなのか、1歳児も有料でした。

 

しかも、大人と同額!

 

さすがアンパンマン。。。

 

 

 

アンパンマンミュージアム入口

 

入口に到着すると

f:id:tamajirooo:20171022062738j:plain

早速行列。。。

 

どうやら、ミュージアムに入るための行列。

 

 

少し並んで待ってみますが、

 

 

奥に進んでもまだまだ行列。すでに30分経過。。。

f:id:tamajirooo:20171022063153j:plain

一方で、写真右のショッピングゾーンの入口はガラガラ。

 

 

ミュージアムかショッピングゾーンか

 

お昼の時間も迫ってましたので、ランチが食べれるショッピングゾーンに切り替えました。 

 

結果的に、このときのショッピングモールへの切り替えは正解でした。

 

ランチ後にミュージアムに行ったところ、タイミングよく並ばずに入れました。

 

ミュージアムが行列でなかなか入れないときは、ショッピングモールで過ごして、機を見て、ミュージアムに入る方法も選択肢の1つかと思いました。

 

 

ショッピングモール

 

ジャムおじさんのパン工場

 

ショッピングモール内のフード関連のお店で一番行列ができていたのが、「ジャムおじさんのパン工場」!

 

遊びに行く前から、名前を聞いただけで行きたいと思ってましたが、やはりその分人気があり行列ができてました。

 

行列を我慢して店内に入ると、アンパンマンの各キャラクターのパンが並んでいます。

 

 

そんな店内では、

 

「アンパンマン」を買うなら、「カレーパンマン」と「ショクパンマン」も買おう!

 

「ばいきんまん」を買うなら「どきんちゃん」も買おう!

 

という流れで、どんどんキャラクターを揃えようとする心理が働き(私だけ?)

 

結果、すぐ合計の値段が上がります。

 

キャラクターのパンは、1コ300円ほどのお値段ですので、気づけば、すぐ2,000円を超えます。

 

 

さすがアンパンマン。。。

 

 

ちなみに、各キャラクターのパンは、中身はいろいろ違いますが、基本的にチョコレートたっぷりだったり、砂糖たくさんついていたりと、なかなかジャンクな菓子パンですので、まだ甘いものをたくさん食べさせたくない1歳児には、バタコさんのバターロールがよさげでした。

f:id:tamajirooo:20171025223322j:plain

味はフツーのバターロールでしたけど。 

 

 

「ジャムおじさんのパン工場」は、2Fが飲食エリアになりますが、すぐこんな感じで混みます。

f:id:tamajirooo:20171025224439j:plain

2Fが混んでる時は屋外の階段などで座って食べる方法も1つです。

 

 

アンパンマン広場(屋外広場)の階段(昼どきはランチスポットになる??)

 

ランチ時にはショッピングモール内の席はすぐ埋まってしまいますので、屋外広場はランチスポットになります。

 

とはいえ、屋外スペースも限りがありますので、次第に混み始めて

f:id:tamajirooo:20171106121526j:plain

こんな感じで階段が埋め尽くされます。 

 

すごい混み具合です。

 

一方で、屋外でこれだけランチを食べますので、館内にはハトがたくさんいました。

 

長女は「ぽっぽ、ぽっぽ」と言って、喜んで追いかけてましたが。。。 

 

 

アンパンマンテラス横浜(ショップ内の遊び場)

 

屋内のショップには無料でアンパンマンのおもちゃで遊べるゾーンがあります。

 

ただ、めちゃくちゃ混みます。

f:id:tamajirooo:20171025222228j:plain

ちびっこがわんさか。それを周囲から見守る親たち。

 

混み合ってることから、時にはアンパンマンのおもちゃをめぐって取り合いもおきます。

 

おもちゃはどれもアンパンマン関連で、遊んでる子どもたちはみんなとても楽しそうでした。

 

おかげで、長女も30分間は遊び続けましたが、無料ですので、一番コスパがいい遊び場かもと思いました。

 

 

アンパンマン広場の屋外ショー(幼児では待ちきれない)

 

遊びに行った日がショッピングモールの屋外の広場でショーが行われるということで、ショーが開始する30分前に会場の準備が始まりました。

 

準備が始まると、続々と人が集まり、場所取りが始まりました。

 

私は最初すぐ始まるものかと思い、ベビーカーに長女を乗せたまま待っていましたが、聞いてみると、ショーの開始は30分後。しかも、ショーを待つ間やショーを見るときはベビーカーはベビーカー置き場に置くようにとのこと。

 

ベビーカーについては混むから仕方ないかと思いながらも、ベビーカーなしでは長女は制御不能。

 

パパママで2人いる場合には片方が待ってるということもできたかもですが、私と長女のだけではとても30分待つことができないため、屋外のショーはあきらめてミュージアムに向かいました。 

 

 

ミュージアム

 

3階建ての建物になっており、アンパンマンの滑り台で体を動かして遊んだり、キャラクターの展示物やジオラマなどを見て楽しんだりすることができます。

 

1F わんぱくタウン

 

1Fでは、 3歳以上の子を対象にした室内すべり台やイベントスペースがあるほか、屋外スペースの「アンパンマンの丘」で、アンパンマンのキャラクターの大きなボールで遊べます。

 

長女も「よいしょ!」とボールを持ち上げてました。

f:id:tamajirooo:20171108222436j:plain

ボール自体は柔らかいので安心です。

 

 

 

どちらかというと

f:id:tamajirooo:20171108222658j:plain

この混み具合でぶつかりそうなのが心配。。。。

 

元気に発散してた「アンパンマンの丘」が長女は1Fで1番楽しめたかなと思います。

 

 

ほかにも1Fでは「やなせたかし劇場」でステージショーを楽しむことができますが、1歳児はじっとしていないので、今回は入りませんでした。

 

 

2F ふれあいタウン、3F なかよしタウン

 

2Fと3Fでは、キッズスペースでのイベントや「やなせたかし記念館」の展示物などもありますが、どちらかというと、キャラクターやアンパンマンのアニメ内の展示物などを見て触って楽しむのがメインのフロアでした。

 

チーズの小屋で遊ぶ長女

f:id:tamajirooo:20171108223730j:plain

こんな感じの子どもたちの好奇心を刺激する展示物がたくさんありました。

 

 

ちなみに、 

 

館内ではアンパンマンのキャラクターの展示物がたくさんあり、長女は大変楽しめた様子でしたが、どの写真もキャラクターが写りこんでしまい、著作権を考えると、アップしがたい写真ばかり。

 

私が著作権でセーフなラインを正確に理解していないだけですが、キャラクターが関連するテーマパークを題材にしたブログは写真を貼りづらいなーと思いました。

(今回の記事に貼ってる写真でもアウトでしたら削除しますのでご指摘いただければと思います)

 

 

感想

 

初めて「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」に遊びに行ってみて、何年経ってもアンパンマンは子どもに人気があることを再認識しました。

 

 

一点ネックだったのは、仕方ないのですが、ミュージアムにはベビーカーを置いて入らないといけなかったため、テンションマックスの子どもを追いかけるのが大変でした。

 

ショッピングモールでも十分遊べましたので、ベビーカーから降ろすと駆け回ってしまって面倒を見るのが大変な場合などは、ムリしてミュージアムに入らず、ショッピングモールで遊んで過ごすのもありかなと思いました。

 

 

なにはともあれ

 

 

長女が夢中になってる姿や喜んだ笑顔の写真をたくさん撮ることができて、色々大変でしたが充実した1日を過ごせました。

 

 

この日は、はしゃぎ過ぎたのか、長女は7時台に寝ました。

 

寝顔はとても満足気でした。

 

 

 

イクメンサーファーたまジロー

 
   
 
ブログランキング参加中です。スターと一緒にポチっと頂けると嬉しいです。 
 ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

 
 
こちら(↓)もポチっと! 
 
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
 
 

<スポンサーリンク>