「命のビザを繋いだ男」 杉原千畝の名前は知っていたが小辻節三の名前は知らなかった

第2次世界大戦中、ナチス・ドイツの迫害からリトアニアに逃れてきたユダヤ人に対して日本を通過するビザを発給して約6,000人のユダヤ人の命を救った人物として有名な「杉原千畝(ちうね)」さん。

 

2015年には映画化もされ、そのお名前はさらに有名になったものと思います。 

杉原千畝 スギハラチウネ DVD通常版

杉原千畝 スギハラチウネ DVD通常版

 

 

一方で、

 

杉原千畝さんが発給したビザを持って日本に来た約6,000人のユダヤ人を手助けし、日本からの出国を支援することでユダヤ人を救った人物として「小辻節三(こつじせつぞう)」さんの名前とその生涯における活躍を、「命のビザを繋いだ男」という本を通じて、初めてを知りましたので記事にさせて頂きました。

命のビザを繋いだ男 小辻節三とユダヤ難民

命のビザを繋いだ男 小辻節三とユダヤ難民

 

  

本の概要

 

第二次世界大戦中の1940年にリトアニアにて杉原千畝さんがユダヤ人にビザを発給したことで、ビザの発給を受けたユダヤ人はホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を逃れ、日本に向かうことができましたが、杉原千畝さんが発給したビザは、ユダヤ人を他国へ逃すために日本の通過を許可するビザ(通過査証)で、ユダヤ人の最終目的地は日本以外の国でした。

 

ビザの滞在可能日数は長くても10日程度。ビザの延長がなければユダヤ人たちは日本から本国へ強制送還される。

 

そんな状況の中、ユダヤ人のビザの延長や日本政府と交渉を行いユダヤ人の日本から目的地への出国に関する支援などを行った、ヘブライ語の学者であった小辻節三さんの活躍とその生涯が「命のビザを繋いだ男」に記されています。

 

また、本においては、小辻節三さんから見た、戦時中の日本、満州、ナチス・ドイツについても知ることができます。

 

 

読んでみた感想

 

小辻節三さん、杉原千畝さん、いずれもユダヤ人を救うために尽力された人物ですが、リトアニアから日本への入国を支援した杉原千畝さんと日本に入国してから出国するまでを支援した小辻節三さんは対になる存在として、約6,000人のユダヤ人の命を救った「命のビザ」を理解する上で、小辻節三さんは杉原千畝さんと同様に非常に重要な役割を担った人物と思います。

 

現在はエルサレムの地に眠る小辻節三さんの活躍とその生涯を知ることができ、著者で俳優の山田純大さんの情熱とその行動力を感じられる1冊です。

 

また、小辻節三さんの人生を垣間見れたことで、日々忙殺される自分自身の人生について何が本当に大切か、今後どう生きていくべきかを、考え直すきっかけを与えてくれる本でした。

 

 

 

イクメンサーファーたまジロー

 
   
 
ブログランキング参加中です。スターと一緒にポチっと頂けると嬉しいです。 
  ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

 
こちら(↓)もポチっと! 
 
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
 
 

<スポンサーリンク>