「2020年東京オリンピック」サーフィン競技会場「釣ヶ崎海岸」 一般客は観戦できるか?

「2020年東京オリンピック・パラリンピック」まで3年をきったことから、オリンピックの競技種目となった「サーフィン」の競技開催場所に行ってみました。

  

 

 

 

競技会場の場所・アクセス

 

サーフィンの競技開催場所は、千葉県長生郡一宮町にある釣ヶ崎海岸(通称、志田下ポイント)に決まりました。 

 

釣ヶ崎海岸の場所はこちら。

 

 

 

釣ヶ崎海岸(通称、志田下ポイント)について 

 

志田下ポイントは、通称「波乗り道場」とも呼ばれています。

 

昔から波のいい日などにプロサーファーやトップアマの選手がハイレベルなサーフィンを繰り広げており、志田下ポイントをホームポイントとするプロサーファーを何人も輩出していること等が、「波乗り道場」とまで呼ばれる由縁だそうです。

 

ちなみに、

 

私はかれこれ10年ほどサーフィンを趣味として楽しんでいますが(歴だけが年々重なるだけで実力は伴ってないですが)、実は志田下ポイントでサーフィンしたことはありません。

 

その理由としては、ネットや雑誌の情報を見ていても、たいてい志田下ポイントの紹介では、

 

「スキルに自信のないサーファーは見学するくらいの気持ちで」

「一般サーファーは見学する方が勉強になる」

 

といった紹介が多く、いかにも「一般サーファーは入るな」と言わんばかりの紹介ばかりでしたので、ビジター&庶民レベルの一般サーファーの私はビビッてしまい、ポイントの前を通ることはあるものの、海に入ろうとは思いませんでした。

 

実際に私だけでなく、私の周囲の一般サーファーもこういった紹介を見て、勝手に志田下ポイントに怖いイメージを持っているので、同じように志田下ポイントを敬遠しているビジターも多いものと思います。

 

 

 

また参考までに

 

 

志田下ポイントは、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん主演の「上島ジェーン」という映画の舞台にもなってます。

 

上島竜兵さんがサーフィンに挑戦するというものですが、サーフィンをやったことがない方も楽しめる内容となっており、一度でもサーフィンをしたことがある方は、さらに楽しめます。

 

■1作目           

上島ジェーン [DVD]

上島ジェーン [DVD]

 

  

■続編 

上島ジェーン ビヨンド [DVD]

上島ジェーン ビヨンド [DVD]

 

 

 続編も出ており、どちらも、しょうもない内容になってます(笑)。 

 

 

 

実際に志田下ポイントに行ってみた

 

駐車場まで

 

8月のとある平日。

平日なら空いているだろうと思い、志田下ポイントに行ってみました。

 

初めて行くときは、少しわかりづらいですが、

f:id:tamajirooo:20170907214630j:plain

片貝・一宮側から夷隅方面に向かう道で、右側に「ホテルショパン」の看板がある写真の地点が志田下ポイントの入口です。

 

 

 

 

入口には

f:id:tamajirooo:20170907214356j:plain

オリンピックの会場に決まったという横断幕があります。

 

 

 

入口に入ってみると

f:id:tamajirooo:20170907215318j:plain

駐車場が整備されています。

右奥の鳥居が志田下ポイントのシンボルマーク。 

 

平日でしたが、夏休みシーズンでもあったので、駐車場はかなり埋まってました。

 

 

 

サーフィンの競技会場となる海

 

左側

f:id:tamajirooo:20170907215738j:plain

 

正面

f:id:tamajirooo:20170907215741j:plain

右側

f:id:tamajirooo:20170907215617j:plain

開けた九十九里の海が広がってます。

 

 

でも、岸からだと、上の写真のとおり海にいるサーファーは見えづらいので、右側の堤防に移動して駐車場の方を見てみると、

f:id:tamajirooo:20170907220159j:plain

こんな感じ。

 

 

 

サーフィンの状況も横の位置からだと良く見えます。 

f:id:tamajirooo:20170907220315j:plain

オリンピックの競技もこういった位置から見れるとサイコーです!

 

 

ただ、

f:id:tamajirooo:20170907220400j:plain

奥は立ち入り禁止。残念。

 

こんな感じで、砂浜はありますが、駐車場の両サイドも見学場所としては十分に広くなく、オリンピックでギャラリーが見学する場所は、現状では限られています。

 

 

 

サーフィンもしてみた

 

昼過ぎの時間で、海の中はそれ程混んでませんでしたので、人が溜まってないところでサーフィンしてみました。

 

語れるほど上手くもないので、簡単にですが、サーフィン雑誌などで紹介されているとおり、波については、ホロー(斜面が急)な波が多く、若干速めに波が崩れますが、いい形でテイクオフ(サーフボードに立つ)できると非常に加速しやすい感触がありました。

 

また、サーフィンが上手い人も多く、ローカルっぽい若者は、堤防脇でエアリアル(波を使って空中にジャンプする技)を頻繁にやってました。

 

たしかに、もっと混雑していて上手い人だらけだったら、他のポイントに行った方が楽しめそうかな~と感じました。

 

 

 

 

 

2020年のオリンピックに向けて観客として気になったこと 

 

志田下ポイントでは、例年、多くのサーフィン大会が開催されていることから、オリンピックの場合でも大会運営自体については問題ないように思いますが、それ以外の点で気になったことを書いてみました。

 

 

 

駐車場、見学場所などの競技会場周辺の整備

 

上で書きましたとおり、志田下ポイントにおける一般の観客の見学場所や駐車場は、現状、限られているため、何らかの整備が必要そうだなと思いました。

 

今のままだと、現地の状況を知らない一般客は会場周辺での駐車や競技の見学の面で苦労して満足に観戦もできないでしょうし、現地の状況を分かっている方はテレビ等での中継を見ればいいや、とやや冷めた感じでの応援になるなと思いました。

 

 

 

 

志田下ポイントへの移動は選手村から?(一般客の宿泊への影響)

 

選手の移動の観点で、競技会場になる志田下ポイントは選手村の建設予定地(東京都中央区晴海エリア)からは当然ながら離れています。

 

選手村から志田下ポイントに移動するとなると

1時間30分程度となっていますが、訪問した日は夏休みシーズンだったこともあって、高速道路も混み合っており車で2時間はかかりました。

 

オリンピック開催期間中も夏休みの行楽シーズンですので同じくらい時間がかかるとなると、選手村と会場を行き来するのは現実的ではなさそうです。

 

一方で、会場の近隣に選手が宿泊するとなると、通常のサーフィンの大会以上に一般客も来るでしょうし、ただでさえ夏休みで海水浴客などの観光客も多いシーズンですので、選手の宿泊場所の確保も大変そうだなと感じました。

 

逆に、選手の宿泊場所を確保できても、ボランティアや一般客の宿泊場所が改めて課題になりそうだなとも感じました。

 

 

一般客の交通手段 

 

現状、志田下ポイントには自前の車で行く方法以外はなかなか現実的ではありません。

 

最寄り駅のJR「上総一ノ宮駅」にはバスもありますが、

f:id:tamajirooo:20170908072405j:plain f:id:tamajirooo:20170908072431j:plain

 

 

「一宮海水浴場」行きのバスしかなく、「釣ヶ崎海岸」行きのバスはありません。

f:id:tamajirooo:20170908072457j:plain

 

 

ちなみに、「一宮海水浴場」から「釣ヶ崎海岸」に行くとなると、

徒歩約1時間。。。現実的ではない。。。

 

タクシーも少ないながらありますが、いずれにしても、帰りの交通手段が課題になります。

 

 

 

 

オリンピックに向けた整備について

 
千葉県によると、2017年の千葉県の補正予算でオリンピックのサーフィン会場近隣の駐車場などの整備に向けた設計事業費が計上したとのことから、競技会場については、今後3年の間に整備が進むのかなと思いました。

 

www.sankei.com

 

ですが、宿泊場所や交通手段などについては、今後も整備に向けた検討が必要であるように感じました。

 

 

 

最後

 

今のところ、2020年のオリンピックのサーフィン競技を

 

「目の前で見てみたい!!」

 

という気持ちはあるものの、

 

 

ご紹介した見学場所、交通アクセスなどの観点から、

 

「家でテレビで見ればいいかな」

 

と、思ってしまってる部分もあります。

 

 

オリンピックまで3年弱となり、今後、色々と整備されていく動きも出てきましたので、

 

「おっ、これなら見に行きたいな!」

 

という感じで、一般客も足を運びたくなって、私も子どもを連れてってあげたいなと思えるような環境に整備されるといいなと思いました。

 

 

今後もいろいろ動きはありそうですので、引き続き追いかけてみようと思います。

 

 

イクメンサーファーたまジロー
 
  
 
 
ブログランキング参加中です。スターと一緒にポチっと頂けると嬉しいです。 
   ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

 

こちら(↓)もポチっと! 

 
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
 
 

<スポンサーリンク>