すみだ水族館 駅直結&バリアフリー ベビーカーでも快適子連れスポット

最近は夏らしくない天気が続いていたので、雨が降っていても子どもが楽しめる施設に行きたいなと思い、東京スカイツリータウンにある「すみだ水族館」に行ってみました。

 

 

 

場所・アクセス

 

天候悪くても影響を受けない

 

「すみだ水族館」は、東京スカイツリーに併設されている東京スカイツリータウンの5Fと6Fにあります。

アクセス詳細はこちら「アクセスマップ | すみだ水族館」。

 

東京スカイツリータウン内の店舗全般に言えることですが、「すみだ水族館」のアクセスで良いところは、駅直結の東京スカイツリータウン内にあること。

 

雨などの天候が悪い日でも、駅の改札出てからそのまま「すみだ水族館」まで行けます。

 

たいてい天候が悪い日は出かけるかどうか足踏みしますが、「すみだ水族館」の場合には、自宅から駅まで行ければあとは雨で濡れたりしませんので、子どもとのお出かけスポットに悩むパパママにとってはありがたい存在。

 

 

 

週末の混み具合

 

営業時間が9時~21時(年中無休)ということで、行ってみた土曜日は9時30分前には到着。

f:id:tamajirooo:20170902195310j:plain

 

天候も悪かったせいか、人もまばらでほとんど待つことなくチケット購入できました。

f:id:tamajirooo:20170902195423j:plain

 

ちなみに、別の週の日曜日にも行きましたが、10時くらいになると15人~20人くらいは並んでいました。天候悪い土曜に比べると混んではいましたが、10分程度待てばチケットは購入できそうでした。

 

週末に行くのであれば、行ける方は10時前に入口に着けると、ストレスなく入場でき、館内も空いているのでゆったり過ごせます。

 

天候にもよりますが、12時くらいに入口を覗いてみたときは10人くらいが並んでる程度でしたので、お昼頃に到着される方は、ランチ事情に合わせて訪問されるといいかと思いました。

 

 

 

料金

料金体系は下のとおり。

  幼児(3歳以上)   600円

  小・中学生    1,000円

  高校生      1,500円

  おとな      2,050円

他の水族館と変わらない水準。

 

ちなみに年間パスポートはこんな感じ。

  幼児(3歳以上)   1,200円
  小・中学生    2,000円
  高校生      3,000円
  おとな      4,100円

ちょうど2回分の値段。 

 

以前訪問したアクアパーク品川も2回行けば元を取れる水準でしたので、水族館業界の水準ということなんでしょうかね。

アクアパーク品川の記事はこちら。

www.ikumensurfer-tamajiro.com

 

 

アクアパーク品川では、年間パスポートを購入しとけば良かった~と、思いましたので、今回は最初から年間パスポートを購入しました。 

 

ちなみに、「すみだ水族館」の年間パスポートを東京スカイツリータウン内のお店で提示すると、割引等のサービスを受けられることがありますので、水族館の前後に東京スカイツリータウン内のレストランやフードコートで食事する方やショッピングする方にはちょっとしたおトク感もあります。

 

 

 

館内

 

概要

「すみだ水族館」は5Fと6Fの2フロアでそれぞれ下の生物などを鑑賞でき、6F⇒5Fの順に回るルートになっています。

 

6F

  • 自然水景(ライトアップされた水草と綺麗な魚やエビなどによる自然の景色をイメージした水槽)
  • クラゲやサンゴ礁の生物など、テーマごとに展示されている比較的小ぶりな生物

5F(吹き抜け型で6Fから見下ろせます)

  • ペンギン、オットセイ(5F~6Fにかけての吹き抜け型の大型プールの水槽)
  • 「東京諸島(伊豆諸島、小笠原諸島)」の海をテーマにした「東京大水槽」にいる各種魚群
  • 期間限定イベントの各種金魚(金魚展示ゾーンにいるさまざまな種類・大きさの金魚)  

 

 

 

ありがたいバリアフリー

 

初めて訪問した際に感動したのは、年間パスポート購入後に受付の方から

 

「エレベーターは入って左手です。」

 

とベビーカーで館内を回ることを前提として案内されたこと。

 

てっきりどこかにベビーカーを置いてから入場しないといけないと思い込んでいた私は、館内がバリアフリーとなっていることに感動しました。

 

別の水族館ではベビーカー移動ができずに、階段等での抱っこ移動に苦労したので。。。

 

実際に館内を回ったところ、ベビーカーですべてのエリアを回れるようになっています(見学する際に階段を降ったり登ったりできる場所も一部ありますが、館内を回る意味では支障はなし)。

 

ベビーカーでの幼児連れや車椅子の方には非常にありがたいことです。

(若干スロープが急なところもあるので注意は必要) 

 

 

ちなみに、

初めて訪問した日は、到着時間が早かったのと天候が悪くてお客さんが少なかったこともあって、ベビーカーを止める場所に気づきませんでしたが、通常ベビーカーを止めたい方は、入口付近にベビーカーを止めるようです。

 

f:id:tamajirooo:20170903191515j:plain

こんな感じ。

 

わが家の場合は、ベビーカーがないと長女は大人しくしていないですし、荷物もあるので、ベビーカーのまま入り続けています。

 

 

 

6F(自然水景、クラゲ、チンアナゴなど)

自然水景にて

f:id:tamajirooo:20170903192808j:plain

うまく撮れませんでしたが、長女は動き回る小魚を追いかけてました。

ライトアップされていて、とても綺麗でした(人工的な自然の景色とも言えますが)。

 

 

 

 クラゲたち

f:id:tamajirooo:20170903152200j:plain

クラゲの動きが不思議そうな様子の長女。

 

 

 

チンアナゴなど

f:id:tamajirooo:20170903152850j:plain

近くで見ると、愉快な顔をしているアナゴたち。

至近距離の写真を撮りたかったですが、長女には水草くらいにしか見えなかったのかスルーされ、写真は撮れず。。。

 

 

幼児にとってはクラゲ、クマノミ、チンアナゴなどの小さい生物よりは、大きい魚の方がわかりやすいようで(うちの長女だけか?)、下の写真のような大きめな魚のほうに興味を示していました 

f:id:tamajirooo:20170903153042j:plain

見つめられて顔を背ける長女

 

 

 

6Fから5Fにかけて(ペンギン、オットセイ、東京大水槽など)

 

ペンギン

 

5Fと6Fの吹き抜け型になっている大型プールの水槽にペンギンとオットセイがいます。

 

吹き抜け型になっていることから、6Fからだと上からペンギンやオットセイを見おろすことができます。

 

6Fから見た大型プール

f:id:tamajirooo:20170903200827j:plain

 

6Fからペンギンを見おろす長女 その1

f:id:tamajirooo:20170903151055j:plain

 

6Fからペンギンを見おろす長女 その2

f:id:tamajirooo:20170903151248j:plain

 

 

5Fからだと同じ高さから比較的近い位置で見ることができます。 

f:id:tamajirooo:20170903193617j:plain f:id:tamajirooo:20170903193451j:plain

 

10時30分くらいになると餌やりが始まり、ペンギンが餌を食べて活発にプールに入って泳ぐ姿が見れますが、そのときにはプール周辺は非常に混み合います。

 

ベビーカー連れの方は、ベビーカーと一緒だと居づらいくらい人が集まってました。

 

 

東京大水槽

 

「東京諸島(伊豆諸島、小笠原諸島)」の海をテーマにした大型水槽の「東京大水槽」

f:id:tamajirooo:20170903201621j:plain

なかなかうまく写真撮れず。こんな写真ばかりに。。。

 

この中で人気の生物は、シロワニという大型のサメ。

小笠原諸島・父島のダイビングスポット等で見れる人気のサメです。

 

 

シロワニと長女の初対面

f:id:tamajirooo:20170903202248j:plain

小さい子どもたちは、みんなシロワニに興奮。

シロワニもゆったり写真にちょうど良い位置をグルグル周回してました。

 

 

 

他にもオットセイや金魚などいろいろと見ることができましたが、後半には長女も我慢できず走り回ってたので(しかもバリアフリーだから縦横無尽)、写真は残せませんでしたが、大人も楽しむことができて、親子共々充実した感じで過ごせました。 

 

長女がもう少し大きくなったら、館内にカフェなどもありましたので、ゆったり過ごせて、色々と楽しみ方も変わると思いました。 

 

  

参考情報(土日のランチ事情)

 

水族館から出た後はランチでしたが、フードコートにしろ、レストラン・カフェにしろ、東京スカイツリータウンの土日のお昼時はどの飲食店も激混みですので、東京スカイツリータウン内でランチする場合には11時にはお店に入るスケジューリングが必要と思います。

 

フードコートでは11時から場所取り合戦が始まりますし、レストランやカフェは11時30分くらいから行列ができ始めます。

 

こういったランチ事情から、「すみだ水族館」の前後でランチを考えていらっしゃる方は

   ①朝一「すみだ水族館」 ⇒ 11時ランチ

 ②11時ランチ      ⇒ 「すみだ水族館」

 

のどちらかのコースがいいと思います。

 

 

 

最後 

 

全体的に照明が暗い中でライトアップされたペンギンなどの生物を見ることが多く、

 

「ペンギンだ!オットセイだ!」

 

という生き物への感動というより、生き物とライトアップなどとの組み合わせが

 

「綺麗だな~」

 

という、他の水族館とは違う意味での感動を与えてくれる水族館だな、という印象を持ちました。

 

 

もちろん、チンアナゴなどのニッチな感じの生き物を見れたり、東京諸島をイメージした水槽という面白いテーマで生物が見れたりと、水族館としても十分楽しめました。

 

 

また、今回は1歳児と一緒でしたので館内ではドタバタでしたが、

21時まで営業していることから、子どもがいない時間帯であれば、全体的に照明が暗いこともあって落ち着いた雰囲気でしょうし、ゆったり座れて鑑賞できるイスなども多くありましたので、ファミリーだけでなく、カップルでも楽しめそうな施設で面白いなと思いました。

 

 

「すみだ水族館」には、これまで2回行きましたが、いずれも長女も楽しんでくれましたし、なによりも、駅直結でバリアフリーなのは、週末ベビーカー必需品の私にはありがたい子連れスポットですので、今回年間パスポートも買いましたし、オープンしてからだいぶ時間経ってますが、しばらく「すみだ水族館」に通ってみようと思います。

 

 

 

イクメンサーファーたまジロー

 
 
 
ブログランキング参加中です。スターついでに、ぽちっと頂けると嬉しいです。 
   ↓ ↓ ↓

 
 人気ブログランキング

 

こちら(↓)もポチっと!