1歳児の卒乳体験記 わが家は「合宿」を検討

卒乳。

 

一般的に

 「徐々に授乳回数を減らして子どもが自然に母乳を飲まなくなること」

 を、卒乳というらしいですが、わが家ではなかなか卒乳ができていません。

 

1歳半のわが家の長女については幸いにも奥さんの母乳が出たこともあり、母乳一筋で育ててきました。

 

病院によって指導内容が異なるものと思いますが、たまたま第1子を出産した病院で

 

「母乳が出るのであれば粉ミルクは極力使用せずに、可能な限り母乳で育てた方が、より健康な子どもが育つ」

 

というアドバイスを頂いたこともあり、

 

これに沿って母乳一筋で育てた結果、長女は非常に健康的で、成長曲線の上限を超える身長、体重の伸びを見せて、順調に成長しています。

 

         f:id:tamajirooo:20170811235216j:plain

 

 

  

一方で、母乳一筋の結果、長女の母乳への依存度も高くなり、粉ミルクは一切受け付けないことから、母乳から卒業できない状況になってました。

 

奥さんが母乳をやめようにもなかなか手強く、かなり強烈に泣きわめくことから、ズルズル授乳が続いてました。

 

とはいえ、母乳を継続していても、モリモリご飯を食べているため、今の状況であれば子どもに害を与えるわけではないので、このまま2歳くらいまで母乳を継続してもいいかとも思ってました。

 

 

 

がしかし、よく飲む。

 

 

平日は朝と夜で少なくとも4、5回(夜中の細かい授乳も含めるともっとあるかも)。

そして休日は保育園に行かないことから一緒にいる時間が長い分、朝・昼・夜で飲み、日によっては1日中母乳をあげてるような日もあります。

 

母乳100mlあたり約65kcalを消費するようで(※)、奥さんは1回あたり約200mlを授乳しているようなので、1日4回の授乳とすると、約500kcalを消費していることになります。
 
 
500kcalというと、体重70㎏の私がジョギングを1時間くらいした場合の消費カロリーだそうで

  f:id:tamajirooo:20170813094946j:plain

 
奥さんの場合にはジョギングを2時間近くした場合の消費カロリーになります。
 
 
長女が保育園に入れたことで働きだした奥さんも、毎日、仕事とこの授乳の連続で体力的にしんどい状況が続いていた中、卒乳が難しかったので、キッパリ授乳をやめる「断乳」を決断しました。

  

 

 

 

「乳を断つ」

 

って 、なかなかインパクトある響きなのと、あまり文字的に好きになれない言葉ですが、

 

とりあえず調べてみると、

 

人それぞれ色々な断乳方法があったり、断乳にトライしたものの挫折した話があったりなどのほか、乳腺炎などによる奥さんの体への影響の可能性もあるなど、「これっ!」という決まった方法があるわけではなく、しかも難しい問題も色々あることがわかりました。

 

 

 

 

そんなこんなで、周囲にいろいろ聞いたり、奥さんと相談した結果、

 

わが家では、断乳に向けて「合宿」を行うことに決めました。

 

主な理由としては

 

①断乳に必要な期間は3日間

  • 断乳をした方の話などを聞いていると、三日三晩泣き続けた話など「3日間」がキーになってる印象があったこと

②オッパイ大好きっこの長女にはママとの距離が必要

  • ママが目の前にいるのにオッパイが飲めない禁欲的な状況は、オッパイ大好きっ子の長女にとって非常に酷であること

③断乳中の奥さんの体のケア

  • 断乳期間中は女性は胸が張ってしまって子どもを抱っこすることができない痛みを伴うこともあることから、胸が張った場合の解消のために長女を抱っこしない期間を設けた方がいい

 

ということで、

 

私が連休を取得できる夏休みをつかって、私と長女だけで、私の実家に3日間泊まって断乳を目指すことにしました。

 

 

さっそく、私の実家に連絡してみると、孫との初お泊りということもあって非常に喜んでくれ、断乳にも協力してくれることになりました。

 

 

そして「合宿」を決めた後に気づきましたが、「合宿」には下のような付随的な効果があると思いました。

①奥さんにとって

  • 毎日長女とベッタリ過ごしている奥さんにとって、長女と距離を置くことで合宿期間中は気持ちのリフレッシュになる

②私の実家の両親・兄弟にとって  

  • 長女には普段会えないため、ひさびさに会う孫・姪との初お泊りが楽しみ
  • (同じ東京在住ですが)帰省も兼ねた親孝行になる

③長女にとって

  • ビデオがないわが家ではたくさん見れない「おかあさんといっしょ」や「いないいないばあっ!」も、私の実家だと存分に見れるので、長女は私の実家にいると機嫌が良くなる 

④そして私

  • 私の実家なら、子どもの面倒見るうえでも手助けがあるので、私にとってもありがたい(甘えすぎ!?)

 

 

これは

 

一石二鳥!いや、三鳥!!四鳥!!!

 

 

合宿に向けて気持ちはどんどん前向きになってきました!

 

 

 

 

が、一方で、

 

懸念としては、合宿中に断乳したとしても、合宿後に3日ぶりに長女と奥さんが再会すると、ダイエットのリバウンドのように抑圧の反動で元にもどってしまい、結局は、オッパイを目の前にして「飲まない、飲ませない」という状況で断乳しないと、しっかり断乳できないかも、という心配があります。

 

しかし、気にしてばかりいてもという感じですし、「合宿」は断乳に向けたきっかけ作りとしても有用と思いますので、とりあえずチャレンジしたいと思います。

 

卒乳は子どもの授乳状況などによって、ぞれぞれ違うと思いますので、決まった答えはないと思いますが、これから卒乳を考えている方など向けの一例として参考になればと思います。

 

これから実行する合宿の結果はまた改めてまとめてみようと思います。

 


イクメンサーファーたまジロー
 
 

 


 
ブログランキング参加中です。スターと一緒にポチっと頂けると嬉しいです。 
   ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

 

こちら(↓)もポチっと!