子どもの虫歯予防 フッ素塗布を試してみた

1歳児の歯磨きに毎晩七転八倒のわが家。

tamajirooo.hatenablog.com

 

子どもの虫歯予防のために歯にフッ素を塗る方法が流行っているようで、いろいろ前向きな意見もあれば後ろ向きな意見もあるようですが、一度試しに歯医者に行ってみました。

 

近所の幼児連れの方が通いやすい歯科医院に行きましたが、

わが家の長女は患者さん用のイスに奥さんに抱っこされながら一緒に座るなり、何が起こるかわかったんでしょうか、顔真っ赤にして泣いてしまいました。

 

      f:id:tamajirooo:20170805192218j:plain

 

 

家の中での歯磨きはうまくいき始めても、外ではまだまだだなと感じました。

 

歯科医のチェックによると

歯石の集積により歯茎が炎症し、歯の裏面だけでなく、表面にも歯石が溜まっていたようで歯の両面をゴシゴシ磨いてもらいました。

 

家での歯磨きに慣れ始めましたが、やはり歯石が集積していたようで、家での歯磨きをより頑張らねばという感じでした。

 

その後、フッ化物を浸した綿で歯にフッ素を塗ってもらいました。

 

フッ素を塗る作業自体は、1、2分程度。子どもが暴れなければ1分もかからず終わったかもという感じでした。

ただ、フッ素を塗った後、30分程度は食べ物は口にしないよう指導がありました。

 

 

 

フッ素を歯に塗布することについては色んな意見があるようで、人体に一切影響ないわけではないらしいですが、虫歯予防用に歯科医院で使用するフッ素の量では人体に影響を与える可能性は極めて低いとのこと。

【参考にしたサイト】

 フッ素塗布で虫歯予防 歯の豆知識! / 歯医者さん ネット

 

ただ、歯科医によっては、フッ素の塗布については前向きでないことから取り扱っていない歯科医院もあるようです。

 

なんにしても過剰摂取は毒かと思いますが、フッ素については前向きな意見もあれば後ろ向きな意見もありますので、利用については自己判断が必要かと思いました。

 

フッ素を継続する場合には、3ヶ月に一度のペース(年4回程度)で塗布したほうがいいとのことで、次回は11月に訪問しますが、子どもの体調見ながら、フッ素塗布の継続を検討しようと思っています。

 

 

 

ただ、フッ素以前に、わが家ではチョコレートなどの甘いものは食べさせていませんので、やや歯磨きも油断していた部分もあり、歯磨き不足で歯や歯茎に影響が出始めてましたので、改めて日々の歯磨きについてしっかりやらなければならないなと思いました。

 

幼児の歯磨きはなかなか奥深い。。。

 

やはり多少泣いて嫌がっても、歯医者で教えてもらったようにゴシゴシ磨いていかないと大きくなった時に後悔することになりそうだなと思いました。

⇒場所によっては、「優しく撫でるように歯を磨いて~」みたいな指導することもあるみたいですが、それだと幼児の歯といえど歯石が落ちないように感じます。

 

フッ素に頼りすぎず、日々の歯磨きをしっかりやったうえで、プラスアルファでの虫歯予防としてフッ素を使うようにしたいなと思います。

 

今日もこれから歯磨きの格闘です。。。

 

たまジロー

 

f:id:tamajirooo:20170805200610j:plainf:id:tamajirooo:20170805200610j:plainf:id:tamajirooo:20170805200610j:plain

 

 

 

ブログランキング参加中です。スターついでに、ぽちっとお願いします。 

    ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

 

こちら(↓)もポチっと!